スポンサードリンク

退職理由は前向きに!【例:社長がワンマン・ノルマが原因】

社長がワンマン・ノルマが原因で会社をやめる場合の例文今回は、
社長がワンマン・ノルマが原因で会社を辞める
場合の退職理由の例文を紹介します。

企業(会社)を辞める際には、
【退職理由】というものを
会社に伝えなければなりません。

転職する際に本当の退職理由ではなく、
建前の退職理由を言います。

まずは転職先の面接官に

転職先の面接官

それなら仕方ない、
うちの会社では頑張ってくれるだろう

納得してもらえるような
建前の退職理由を考えてみましょう。

前回では、発想を逆転させて、
前向きな退職理由にすることが
大切だと書かせて頂きました。
(退職理由は前向きに!【例:人間関係が原因】)

社長がワンマンすぎる場合

社長上司がわがままで
自分勝手というのもよく聞く話です。

ですが前職の退職理由で、
それをそのまま伝えるのはNGです。
面接官に向かって

転職活動中のAさん

上がワガママで辞めた

なんて言っても反感を買ってしまいます。

この際には1つの方法として、
「目標やキャリアプランが明確だからこそ、
『トップの考えに付いていけない』と感じた。」

ということにする手もあります。
故にこういう表現をする方法もあります。

転職活動中のAさん

前職では、下からボトムアップする場が少なく、年齢や社歴に関係なく、自由に意見が言える職場で働きたい、新しい仕事にどんどん挑戦し続ける場所で、働きたいと思っておりました。

ノルマがありすぎてキツイ場合

面接の場で、激務の辛さを訴えたとしても、
これも問題があります。

本当のところは面接担当者にはわかりません。
時には、逆に怠けているという
印象を与えてしまうこともあるので、
注意が必要です。

こういったときには、
仕事の量ノルマではなく、
顧客との関係に焦点を当てるのも
1つの手です。例えば、

転職活動中のAさん

「前社では常に高い目標数字が課せられ、1件の顧客に時間を割くことができないのが悩みでした。

顧客の要望をしっかりと聞き、それにこたえられる仕事がしたいと思い退職を決めました。

というような流れを答えるのもありです。
このようにして転職成功を勝ち取っていきましょう。

では次項も続きます。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!退職はどう話すべきなのか?の関連記事

スポンサードリンク