退職理由インタビュー

仕事のモチベーションが保てず、本当にやりたい仕事へ転職したCさん

今回は、大学卒業後になんとなく仕事を始めてしまった「Cさん」のお話です。
目的も特にもなく、惰性で卒業→とりあえず就職。仕事を日々頑張るも、モチベーションを保てない……そんなことで悩んでいる方は多いと思います。

Cさんもそんな悩みで転職したそうで、インタビューを紹介します。

管理人

飽きたままの仕事をし続けるか、勇気を奮い立たせて転職するか……どちらもメリット・デメリットがありますが、どちらを選択するにしても後悔はしたくないですね。

キーワード

  • メーカー営業職
  • 円満退職
  • チャレンジ
  • キャリアアップ
  • 資格勉強
  • モチベーション低下
  • なんとなく仕事

退職経験者の基本情報

キャリアアップ転職を目指したCさんの体験談インタビュー

名前 Cさん
性別
年齢(当時) 26歳
業種 メーカー営業職
退職した仕事はどんな内容でしたか?(業界・業種・職種など)

大学卒業後は、メーカーに就職しました。
職種は営業で、社内にいることより、外回りをしている時間の方が多かったです。

その仕事の在籍期間はどれくらいでしたか?

おおよそ2年半ほど勤めました。

なぜ退職をしたのですか?退職理由を教えて下さい。

退職理由は、「やりたい仕事をしたかった、目的に向けてチャレンジしたかった」からです。

大学卒業後、まずは会社勤めをしてみようという思い以外なかったです。正直仕事に対するモチベーションのようなものを、どこに見出していいのかわからず、漠然と社会人として馴染んでいかなければといった感じで仕事をしていました。
生活していくために仕事をしなければいけないから、と入社したてにも関わらず少し冷めていました。

仕事環境は決して悪くはなかったのですが、仕事内容はあまり好きではなく、これが本当にやりたかった仕事なのだろうかという思いが強くなりました。
もともと興味のある世界があったので、そちらの世界で今後やっていきたいと思い、退職を決断しました。

退職を最初に告げた相手はどなたでしたか?また、どのような反応でしたか?

最初に上司に告げました。
驚いた様子で残念がってくれましたが、興味のある仕事があり、そちらに進んでみようと思うと話したところ、快く送り出してくれました。

退職を告げてからの上司の反応はどうでしたか?

全体的にはそんなに変わりませんでした。
ただ、営業職であったからか、仕事終わりにみんなで飲みにいく、ということが多かったのですが、誘われなくなってしまったことや、会話が減ったことに少し寂しさはありました。

退職を告げてからの周り(先輩・同僚・後輩)の反応はどうでしたか?

人間関係は良好でしたので、先輩も同輩も後輩も皆残念がってくれて、素直にそこはうれしかったです。

ただ、もったいない、なんで?と退職理由を訝しがる先輩もいらっしゃいました。正直、多少迷いもありながらの決断でしたので、これから本当に大丈夫かな?と少し不安になりました(苦笑)

上司に告げた退職理由は、本音・本当のことか?それとも嘘・建前のことでしたか?それで納得しましたか?

退職理由はちゃんと「やりたいことがある、違う道に進みたい」と話しました。ですが、「今の仕事内容があまり好きでなかった」ということは黙ってました。。

上司は優しい方だったので話しやすかったのですが、上司の上司とも最終面談をしなければならず、その方はとても厳しい方でした。最初は考え直すように引き留められて、怯んでしまいましたが、「もう決めたことなので…」ときっぱり話しました。ドキドキしました。

退職願・退職届は提出しましたか?

退職願は会社の決まりでちゃんと出さなければいけないことになっていたので、上司に提出しました。

退職をするのに障害になったこと・苦労したことは何でしたか?

転職先が決まってない状態で辞めるため、家族が反対して何度も電話がかかってきました。説得するのは大変でした。
親にしたらせっかく安定した会社に入社できたのに、「辞めてまで一体何がしたいのか?」といった考えがあったようです。

退職時に一番腹が立った、怒ったことは何でしたか?

全然関係のない部署の男性の方から「女子は結婚して養ってもらえばいいから、何にも考えずに辞めれていいよね。こっちは辞めたくても辞められないもんね」と嫌みを言われました。

仕事において、男性だろうが女性だろうが、関係ないし、確かにモチベーションはそんなに高くなかったかもしれませんが、しっかり責任もって仕事は全うしてきたつもりだったので理不尽なことを言われ、ちょっと腹が立った記憶があります。

もちろん無言の笑顔を返しましたが、心の中で、あなたと無人島で二人きりになっても私は一人で生きていきます、とお伝えしておきました。

退職時に一番悔しかった・悲しかったことはなんですか?

当たり前ですが今後のプロジェクトのような話には、「Cさんは入っても仕方ないから別のことしてて」と言われ、皆が楽しそうに企画会議を行っているとき、一人でポツンとなってしまい、少し悲しかったです。

退職時に一番嬉しかったことはなんですか?

皆がお疲れ様でしたといって送り出してくれたことです。短い間でしたが、見てくれている人は見てくれていて、「Cさんが作った営業ツールはこれからも使うからね」と声をかけてくださったりして嬉しかったです。

退職を告げてから退職が完了するまでに、どれくらいの日数がかかりましたか?

1か月前に退職願を出したのですが、その期間で何とか引き継ぎも無事に終わりました。
営業職は顧客へのあいさつ回りが一番大事だったので、1か月で顧客に順繰り挨拶に伺いました。

退職後はどうしていましたか?

失業保険をもらいながら、次の仕事に向けてキャリアアップしたかったのもあり、資格取得の勉強を始めました。
ただ、一人暮らしだったのでお金がかかり、貯金も切り崩しつつ、といった感じでした。

どのように転職や就職活動をしましたか?

資格取得の勉強をしていましたが、その資格に関連した仕事がないか、ハローワークでこまめに確認はしていました。

いま、どんな仕事をしていますか?その会社では、前と比較してどうですか?

今は資格を2つ取得して、それを活かした仕事をしています。前と比べてやりたかった仕事なのでモチベーションは高いです。でも人間関係は前の方がよかったかな…笑

現在、退職・転職を考えている方に、アドバイスを上げるとしたらどんなことを伝えますか?

退職・転職はメリット・デメリットがあります。そして無職の空白期間ができてしまえば、なおさら、なんとなく社会に取り残された感じがして苦しいです。

でも、自分の夢がある場合、果敢に挑戦するのもありだと思います。人生一度だし、仕事に費やす時間は人生の中でもとても大きな部分を占めています。だから、あきらめずに自分を信じて頑張ってほしいです。

私は結構転々としていて、正直安定した仕事人生とは言えません。ですが、最終的にそろそろ独立して仕事をしたいと考えているので、そのための糧とは確実になっています。

また、私の場合は仕事柄、逆に色々な職場を見ておきたいと思っていたので、苦労は多かったですが良かったと思っています。

管理人

貴重な体験を聞かせて頂き、ありがとうございます!

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 家庭の事情・職場のいじめで辞めることになったUさん(31歳)が決…
  2. ベンチャー企業社長のパワハラで退職したSさん(30歳)の体験談
  3. 結婚を機に事務職を退職したKさん(23歳)が、上司を納得させた理…
  4. 短い在職期間で退職を告げたKさん(23歳)。簡単に退職できたのか…
  5. 有休・残業代・昇給なしのブラック企業を退職したNさん(25歳)
  6. 入社して気づいた労働条件の相違!システムエンジニアのDさん(39…

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 転職時の面接での退職理由
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職までの5つのステップ
  4. 自己都合退職を会社都合退職にする方法 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

ピックアップ記事

  1. 転職内定後の退職手続きの流れを簡単解説
  2. 退職手続き後、失業保険の為に行く役所・場所。会社都合の場合。
  3. 退職手続きの書類など
  4. 退職する前の引継ぎの注意点と法律
  5. 上司の引き留めを跳ね除ける退職理由の例文紹介
  6. 退職する際は会社にどの時期・タイミングで報告すればいいの?
  7. 退職願・退職届・辞表の違いと説明
  8. 退職する前に確認すること:会社都合・自己都合
  9. ウソだと思う退職理由ランキング
PAGE TOP