スポンサードリンク

退職理由を言う際にやってはいけないこと【辞める時期編】

退職理由を言う際にやってはいけないこと2

企業(会社)を辞める際には、【仕事の辞める理由】を会社に伝えなければなりません。

会社を辞める際は、その辞める意思・動機を会社に伝えなければなりませんが、気を付けておくべきことは、退職する間の【猶予期間】も気を付けておくべきことです。

最低でも2週間前には会社を辞める意志を伝えよう

自主都合退職といった、「自分から会社を辞めたい」と会社に伝える場合は、法律上最低、会社を辞める【2週間前】退職の意志・退職理由上司に言う必要があります。

故に、会社を辞めたいからと言って、退職願・退職届を出した、次の日に辞められるわけではありません。

また会社によっては、就業規則内

勤め先

会社を辞める際は1か月前に上司に伝える必要がある。

と書かれていたりすることもあります。こういうことが書かれていた場合は、なるべく会社の意思に合わせましょう。

円満退社をするための心遣い・交渉

円満退職のために気をつけたい退職理由円満退職するためには、会社と話し合い、会社に迷惑が掛からないよう辞めることが大切です。

もちろん、転職活動が終わって、次の会社に「○○日までに行きたいのです。」という理由があったとしたら、
それも会社と話し合って、出来る限り都合に合わせてもらえるように交渉するべきです。

普通解雇・リストラの時は会社の指示通りでOK

普通解雇、整理解雇(整理退職・リストラ)のような会社を辞めさせられる解雇の場合は、会社を辞めさせられる「30日前に告知」するか、「30日分以上の解雇金を払い即刻解雇」されるか
どちらかになります。

リストラのような解雇であれば、別段、ここの部分は会社の指示通りに動く形で得には問題ありません。

気になる点があれば、会社と交渉してみて、残りの仕事を片付けていきましょう。

では次項に関しましては、退職の意思を伝えた後の残件処理について書いていこうと思います。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!退職する際の流れと説明の関連記事

スポンサードリンク