退職・会社を辞める理由の作り方

退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック!

当サイトは転職する時に必須となる【退職理由の考え方・作り方】を発信するサイトではありますが、退職と転職は切り離せない問題です。

なので、このページでは転職活動の流れを紹介していきますが……当サイトのコンセプトに従い、流れのどこに退職理由が必要になるかに焦点を置いてお話していきます。

あなたは今、転職のどのステップ?

転職までの5つのステップ

大手転職サイトを運営するDODAでも解説されていますが、転職までは5つのステップに分けることができます。

転職までの流れ

簡単に解説すると次のようになります。

  • Step1.転職について考える
    転職の目的を明らかにし、今後活かせること自己分析した上で、いつ頃までに転職するかの計画を立てます。転職の目的をはっきりさせることが、誰もを納得させる退職理由を作る下準備となります。
  • Step2.情報を集める
    先ほど考えた目的を軸にして、求人情報ツールなどを活用して、業界の動向や求人企業の状況・条件など具体的に情報収集を行います。Step1の転職目的と一致する企業を見つけましょう。
  • Step3.応募する
    企業へのエントリーシートや応募書類を作成します。その為には志望動機や自己PRを考えます。ここで退職理由を書く必要がでてきます。
  • Step4.面接を受ける
    無事に書類選考を終え、面接に向けたマナーを学び、いよいよ面接官と話す時。間違いなく「前の会社を退職した理由は何??」と聞かれます。ここで面接官に「それなら仕方ないよね」と言ってくれる退職理由を話しましょう。
  • Step5.円満退職・入社準備をする
    ようやく転職先から内定を獲得し、ようやく新天地へ!しかし、現在の会社を退職しなければなりません。立ちはだかるのは「引き止め工作をする上司」。上司を納得させる退職理由を考えましょう。

    ※退職したい!と思ったら、いきなり上司に退職理由を告げようとする方(Step5)もいますが、一度は退職前後での転職のメリット・デメリットを考えてみてましょう。(詳細はこちら

上記のように、Step3・4・5で退職理由が必要になります。
ですが、実際に退職理由を作り出す元を見つけるのはStep1・2の【自己分析】と【就職先の調査】のデータです。

あなたは今、どのステップにいますか?

退職理由を作りたい人の悩み

Step1・2、もしくはまだ何も取り組んでいないなら、【まだ明確な退職理由ができていない方】です。

まずは自己分析などをしっかりすることをオススメします。1人で考えるのは難しい…という方であれば、転職サイトに登録するといいです。専属のキャリアコンサルタント、つまり転職のプロが相談に乗ってくれるので、より深い自己分析ができます。

転職時の面接での退職理由

Step3・4であれば、【転職先へエントリー・面接をしている方】です。

・Step3の方は、【対 エントリーシート・書類向けの退職理由】
・Step4の方は、【対 面接官に向けた退職理由】

これらの方は『転職先への退職理由』が必要です。エントリーシートなどは書面上ですが、面接官には直接話すので、色々質問されます。しっかりと対応できるようアナタの退職理由をしっかり覚えこみましょう。

この方も転職サイトに登録すれば閲覧できる【非公開求人】があるので、より良い転職先が見つかるかもしれません。また、キャリアコンサルタントのプロ目線からエントリーシート・提出書類のチェックや、面接対策の相談などができるかもしれませんので、登録する価値は十分にあります。

上司への退職理由を告げる時

Step5であれば、【上司に退職理由を言う直前の方】です。

この方は【対 上司に向けた退職理由】です。場合によっては慰留(引き止め)工作をしてきますので、本音を隠したタテマエの退職理由を使って対策していきましょう。

また、中にはStep5だけど転職先が決まっていない人もいるでしょう。この方は…すぐに転職サイトに登録してください!サイト登録でキャリアコンサルが忙しいアタナの転職をサポートしてくれます。転職先を決める前に退職することにはメリット・デメリット(詳細はこちら)があるので、ちょっと考えてみてください。

→ いちおうオススメ 安心の最大手リクナビNEXT

 

Stepによって、退職理由の伝えるべきポイントは違います。ただ、共通して言える事は、退職理由の役割が、書類選考の人・面接官・上司を「それなら辞めても仕方ない」と納得させることです。

納得させる為には、Step1・2で「誰もが納得できる退職理由」の元となる転職目的と転職先の企業情報が必要なのです。転職目的があやふやな方・自信のない方は、下のリンクの【まだ明確な退職理由ができていない方】からはじめましょう。

では、Stepの理解ができましたら、あなたに必要な内容を確認してください。

 

【まだ明確な退職理由ができていない方】はこちら

【転職先へ選考書類・面接の準備をしている方】はこちら

【上司に退職理由を言う直前の方】はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~
  2. 転職時の面接での退職理由 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは…

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 転職時の面接での退職理由
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職までの5つのステップ
  4. 自己都合退職を会社都合退職にする方法 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

ピックアップ記事

  1. 転職内定後の退職手続きの流れを簡単解説
  2. 退職手続き後、失業保険の為に行く役所・場所。会社都合の場合。
  3. 退職手続きの書類など
  4. 退職する前の引継ぎの注意点と法律
  5. 上司の引き留めを跳ね除ける退職理由の例文紹介
  6. 退職する際は会社にどの時期・タイミングで報告すればいいの?
  7. 退職願・退職届・辞表の違いと説明
  8. 退職する前に確認すること:会社都合・自己都合
  9. ウソだと思う退職理由ランキング
PAGE TOP