スポンサードリンク

自己都合退職と会社都合退職の違いについて2

企業(会社)を辞める際には、【仕事の辞める理由】を会社に伝えなければなりません。

その際に確認するべきことは、「会社都合で退職なのか?」「自己都合で退職なのか?」ということです。

前職の退職理由を面接時には語らないといけないことが多いです。退職の理由を語る際に有利になるのは、「会社都合退職」で辞めた際です。

「自己都合」「会社都合」とでは、失業手当(失業給付金)の扱いも大きく異なっていますが、自己都合退職会社都合退職では、失業手当が当たるまでの期間も違います

転職の際の有利性の違いについては、前回に述べさせて頂きました。
(自己都合退職と会社都合退職の違いについて)

「自己都合」「会社都合」とでは、失業手当の当たるまでの期間が違うと書きましたが、具体的に言えば会社都合退職の場合は、すぐに失業手当がもらえます。(正確に言えば7日間待機したあとです)

それに対し自己退職の場合は、自分から仕事を辞めたということで、3ヶ月のペナルティ(給付制限)を受けます。つまり失業手当は会社を辞めてから3ヶ月経って支給されます

また、失業手当が当たる受給期間も異なります。会社都合の場合では、最大の受給期間330日となります。

しかし自己都合退職の場合は、最大でも150日です。

失業保険の1か月分の自給額こそ一緒でも、「自己都合退職」と「会社都合退職」ではこれだけ大きく不利有利が分かれます「会社都合退職」の方が断然有利なのです。

こういった理由もあって、退職理由というのは、会社都合退社の方は有利ということです。

では次項につきましては、会社都合退社で退職する方法を見ていこうかと思います。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!仕事を辞める前に・早まる前にやっておくべきことの関連記事

スポンサードリンク