退職するまでの間の残件処理一覧

上司の引き留めを跳ね除ける退職理由の例文紹介

上司の引き留めを跳ね除ける退職理由の例文紹介

企業(会社)を辞める際には、退職の意志・退職理由上司に語る必要がありますが、上司や経営者からは引き留め(引き止め)にあう方もいらっしゃると思います。もしかしたら、転職経験者の方は、既に慰留交渉の体験しておられるかもしれません。退職する時に会社に残ってほしいからと言って、上司から交渉してこられるかもしれません。

そういった慰留交渉対策ですが、もっともよい対策は【退職理由・転職理由】【言い返せないような理由】にすることです。

 

例えば、「給与が低くて・・・」という退職理由にした場合、

慰留交渉で上司は、「じゃあ、給与を上げるよ」と返してくるやもしれません。

「人間関係が悪くて・・・」と言った場合は、

「部署を変えるように言うよ」「上に掛け合ってみるよ」と言ってこられるかもしれません。

「評価されないので・・・」と言われた場合は、

「あと半年間待ってみて!評価を上げるから!」「役職のポストも用意しているから」と言うようなことを言われるかもしれません。

このようにして、「言い返される可能性がある理由」を言うのはよろしくありません

故に「言い返すことが出来ない退職理由」を語ることが出来れば効果的です。

例えば、「全くの異業種で働いてみたい」というような勤めている会社ではやっていないようなことを理由にして退職するのも1つの手です。

他にも「実家の家業を継ぐので」というような家が自営業をしているのであれば、これを退職理由にするのもありです。

親の介護があるので」というような家族の都合を理由にするのもありです。もちろん道徳的な問題もあるので、使いどころは重要ですが、いざと言う時はありです。

このような相手が反撃できないような、退職理由を語ることで、慰留交渉対策になります。

では次項に関しましては、引継ぎのことに関して書いていこうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. もしも引き留め(慰留)にあったら……そもそも慰留とは何をしてくる…
  2. 退職・会社を辞める噂が蔓延 引き留め・慰留の条件を呑まない方がイイ理由
  3. 退職する前の引継ぎの注意点と法律 退職する前の引継ぎの注意点と法律

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 転職時の面接での退職理由
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職までの5つのステップ
  4. 自己都合退職を会社都合退職にする方法 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

ピックアップ記事

  1. 転職内定後の退職手続きの流れを簡単解説
  2. 退職手続き後、失業保険の為に行く役所・場所。会社都合の場合。
  3. 退職手続きの書類など
  4. 退職する前の引継ぎの注意点と法律
  5. 上司の引き留めを跳ね除ける退職理由の例文紹介
  6. 退職する際は会社にどの時期・タイミングで報告すればいいの?
  7. 退職願・退職届・辞表の違いと説明
  8. 退職する前に確認すること:会社都合・自己都合
  9. ウソだと思う退職理由ランキング
PAGE TOP