スポンサードリンク

上司の引き留めを跳ね除ける退職理由の例文紹介

企業(会社)を辞める際には、
退職の意志・退職理由
上司に語る必要がありますが、
上司や経営者からは引き留め(引き止め)に
あう方もいらっしゃると思います。

もしかしたら、転職経験者の方は、
既に慰留交渉の体験しておられるかもしれません。
退職する時に会社に残ってほしいからと言って、
上司から交渉してこられるかもしれません。

そういった慰留交渉対策ですが、
もっともよい対策は【退職理由・転職理由】
【言い返せないような理由】にすることです。

例えば、
「給与が低くて・・・」という
退職理由にした場合、

慰留交渉で上司は、
「じゃあ、給与を上げるよ」
と返してくるやもしれません。

「人間関係が悪くて・・・」
と言った場合は、

「部署を変えるように言うよ」
「上に掛け合ってみるよ」
と言ってこられるかもしれません。

「評価されないので・・・」
と言われた場合は、

「あと半年間待ってみて!
評価を上げるから!」
「役職のポストも用意しているから」
と言うようなことを言われるかもしれません。

このようにして、
「言い返される可能性がある理由」を言うのは
よろしくありません

故に「言い返すことが出来ない退職理由」を
語ることが出来れば効果的です。

例えば、
全くの異業種で働いてみたい」
というような勤めている会社では
やっていないようなことを理由にして
退職するのも1つの手です。

他にも
実家の家業を継ぐので」
というような家が自営業
しているのであれば、
これを退職理由にするのもありです。

親の介護があるので」
というような家族の都合
理由にするのもありです。
もちろん道徳的な問題もあるので、
使いどころは重要ですが、
いざと言う時はありです。

このような相手が反撃できないような、
退職理由を語ることで、
慰留交渉対策になります。

では次項に関しましては、
引継ぎのことに関して書いていこうと思います。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!退職するまでの間の残件処理一覧の関連記事

スポンサードリンク