スポンサードリンク

退職理由は前向きに!【例:人間関係が原因】

人間関係が原因で会社をやめる場合の例文今回は、
人間関係が原因で会社を辞める場合
退職理由の例文を紹介します。

企業・会社を辞める際には、
【退職理由】というものを
会社に伝えなければなりません。

転職する際に本当の退職理由ではなく、
建前の退職理由を言います。

まずは転職先の面接官に

転職先の面接官

それなら仕方ない、
うちの会社では頑張ってくれるだろう

納得してもらえるような
建前の退職理由を考えてみましょう。

退職理由の例文やランキングを
書いてあるサイトもありますが、
そういったものを見てみる前に、
ちょっと考えてみましょう。

「前職の退職理由を教えてください」
大半の面接で聞かれる定番質問です。

しかし、その際に、

不満だらけのA君
上司がワンマン……、給料が安い……、
残業が多い……、人間関係に疲れて……

この方のように
会社への不満を正直に話してしまう人」
は面接でも、
マイナスイメージなことは、先程書いた通りです。

では、どうすればいいのか?
例を見ながら対応を考えていきたいと思います。

人間関係で会社を辞める場合の理由

例えばですが、
人間関係を退職理由に上げる場合です。

人間関係を理由に退職された場合、
また人間関係を理由にすぐ辞めてしまうのではないか、
うちの会社でも人間関係で
揉め事を起こすのではないかと、
面接担当者が不安に思います。

そこで前向きな退職理由を創るために、
この考えを逆転させます。

「人間関係が嫌だった」としたら、
周囲と協力しながら仕事をしたい!』
チームワークを活かした働き方がしたい!』
言い換えられるものです。

そこで、こう言うわけです。

転職活動中のAさん

前の会社は、個人の行動が重視されていたため個人で行動する機会がほとんどでした。

ですが、私自身チームで活動する方が昔から得意で、チームで団結し1つの目標に向かって、仕事をして成果を上げたいと思い、退職を決意しました。

というように言い換えるわけです。
前向きな理由に退職理由を置き換えることは
大切なことです。

では次項に関しましては、
他の置き換え例として
社長がワンマン・ノルマが原因の場合
見ていこうと思います。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!退職はどう話すべきなのか?の関連記事

スポンサードリンク