退職代行

弁護士の退職代行サービスは確実に辞めれる?【無料相談してみよう】

退職代行をしたい人
退職代行を弁護士に頼もうか迷っている人「退職代行を弁護士に頼みたいけど、それって確実なの?弁護士事務所以外の退職代行とそんなに違うの?
あと、もし価格が安い弁護士事務所の退職代行があったら知りたいな。」

本記事の内容

・弁護士事務所の退職代行だと辞めれる可能性がなぜ高いのか?

・弁護士の退職代行を使うメリット

・弁護士の退職代行で無料相談

民間の退職代行業者が違法であることとデメリットが多いことを説明してきました。ここでは、弁護士に依頼するメリットを説明していきます。

弁護士に依頼するとなぜ退職が確実なのか?

企業から逃げる

退職代行が非弁なのでは?の記事でも書きましたが、弁護士事務所ではない民間の退職代行では、「退職の意思を伝えるだけ」会社に訴えられた場合の対処や交渉ができないため、トラブルや退職できないリスクがあると話しました。

それに対して弁護士事務所の行う退職代行は当然ながら弁護士が行います。
弁護士は国家資格を持つので、退職希望者の正式な代理人として法律にのっとり会社と直接交渉できます。そのため、会社側も「退職させない!」「有給休暇は渡さない!」のようなブラック企業でまかり通っている労働基準法に違反するようなことは言えず、スムーズに退職の手続きができるです。

悪質な会社から絶対に逃げたい…そのためには?

普通の会社であれば、辞めたい・退職したいと言えば、多少渋るかもしれませんが、退職させてくれる場合が多く、民間の退職代行でも十分対応できる可能性があります。

ですが、会社によっては本人が退職の意思を伝えても退職させてくれなかったり、悪質な場合は退職届を受け取らない・破り捨てる上司が居て辞めたくても辞められないという場合もあるかもしれません。
こうしたブラック企業と呼ばれる会社から逃げるためには民間の退職代行業者では法的な主張ができないため十分に意思を伝えても相手にされず、退職も思ったようにできない可能性があります。

しかし、弁護士に依頼すると会社側が「退職は絶対に許さない」と主張しても、法律にのっとり交渉するため法的に問題のない退職者側の主張を通すことができます。そのため、弁護士に依頼することで退職を拒否する悪質な企業相手でも安全・確実に逃れることができるのです。

弁護士の退職代行のメリット:損害賠償請求が来ても対応可能

弁護士

会社側が「このタイミングで辞められたせいで損害が出た」と主張して損害賠償請求してきた場合、民間の退職代行業者では何も反論も対処もできません。

その反面、弁護士なら損害賠償請求が来ても法律に従って退職手続きをしているため本人に損害賠償は発生しない等の主張をして法的に守ってくれます。たとえ損害賠償を払わなくてはいけないとなっても弁護士ならその減額や和解などの交渉も行ってくれるので安心と言えるでしょう。もちろん、それ相応の料金はかかりますが。

これからの観点から「会社と話さずに退職したい」、「早めに会社を辞めたい」という目的を確実に達成し、かつ法的なトラブルにも確実に対処するのであれば、民間の退職代行に頼るより、弁護士事務所に退職代行を依頼するのが1番良いと言えるでしょう。民間の退職代行を利用して安く早く退職できたとしても、退職後に訴訟トラブルを抱えていて、その後の対応に時間がかかっていては意味がありません。

弁護士の退職代行は価格が割高。それは覚えておこう!

もちろん、弁護士事務所の退職代行は民間よりも料金が高い傾向があるので、安全性をどこまで重視するかを決める必要があります。
ネットで口コミを探してみると、よっぽどのこと(契約期間を満たさずにいきなり辞めた等)がない限り、退職代行を使っても会社に損害賠償を請求されることは無いようです。ほぼ訴訟が無いのであれば民間の退職代行を選ぶのも良いですし、万が一の訴訟・トラブルも考慮し、高くても弁護士事務所に頼むのか。また、民間の退職代行でも退職代行サービスの内容を弁護士が監修しており、トラブルにあわないようスタッフを指導して、質の向上に力が入っている業者もいます。
選択肢は色々ありますが、最後はあなたの決断次第です。

訴訟を起こす場合は、よっぽどのこと(雇用契約の時に2年働く予定だったのに1ヶ月で辞めた等)が会った時で、大した理由もなく訴訟を起こすのは手間がかかるだけで、会社もやりたがりませんので、そこまで変な会社でないのなら、民間の退職代行で大丈夫なのかもしれません。

あなたは退職したら訴えられるか…プロに聞いてみよう

退職代行はLINE相談ができる

僕の今の状況なら、民間退職代行・法律事務所の退職代行どっちがいいのか?

と迷うのであれば、は実際に退職代行に相談してみるのがいいでしょう。どこの退職代行でも無料の相談ができるので、自分の状況を包み隠さず話しして、【退職代行を使ったら訴訟されるか?】聞いてみるのが、1番安心ができると思います。退職代行業者も退職を何百件も扱ってきた退職のプロですからね。
今はほとんどの退職代行がLINEで繋がっての無料相談もできるので、ぜひ活用してみましょう。

 

弁護士の退職代行で使いやすい「汐留パートナーズ法律事務所」

汐留パートナーズ

  • 弁護士による退職代行
  • 法律問題時も超安心
  • 有給や給料未払いも交渉可能(ただし料金はアップ)

会社に訴えられたらどうしよう?非弁行為の心配がある…という不安を抱えるなら、弁護士事務所が行ってくれる退職代行がオススメ。中でも汐留パートナーズは業界でも安い54,000円なので、かなりオススメ。

有給や給料・残業代の未払い問題など交渉も行ってくれますが、受け取った金額の20%が成功報酬として支払うので、上に上げた退職代行より価格は高めですが、【弁護士事務所が全てやってくれる】という安心・安全度はどこよりも高いです。

会社とのトラブルがあるかも…と不安な人は汐留パートナーズを利用するのがいいでしょう。

汐留パートナーズ法律事務所【公式HP】

料金 54,000円 + オプション費用
対応時間 24時間対応 電話 10:00~21:00
連絡方法 電話、メール、LINE
支払い 銀行振込、クレジットカード

 

弁護士事務所じゃないけどメディア掲載数で安心度MAXの「EXIT」

退職代行のEXIT

  • メディア掲載数No.1
  • 顧問弁護士あり
  • 転職サポート付き。しかもキャッシュバックで3万。

EXITはNHK、フジテレビ、TBS、日本経済新聞、読売新聞、Yahooなど様々なメディアで紹介されている知名度No.1で、退職代行の火付け役とも言えます。
会社の上層部でも知っている人が多いので、「ついにうちにも使ったやつがでたか…」と退職が簡単に進む可能性があります。

顧問弁護士が監修してサービス提供・EXITスタッフの教育をしているので、法律関連の対応も良く、非弁行為(*1)や問題が発生しないよう立ち回ってくれます。

【実質無料になるかもしれない利用料金】
また料金が50,000円と他社退職代行より高く感じますが、EXITと業務提携している転職エージェント【ワークポート(*2)】経由で転職できれば、50,000円の費用が全額キャッシュバックされます!
退職から転職まで総合的に安心して進めれるので、かなりオススメの退職代行です。

EXIT【公式HP】

*1:非弁行為とは?
「弁護士でない者は報酬を得る目的で法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない」(弁護士法72条より)

*2:ワークポート。
未経験からの転職が得意な支援サービス。求人紹介から面接・書類作成のアドバイスなど様々な事をしてくれて、さらに利用料が無料なのでぜひ活用すべきサービスです。

料金 正社員 50,000円 アルバイト 30,000円
対応時間 24時間対応
連絡方法 電話、メール、LINE
支払い 銀行振込、クレジットカード

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 退職代行のEXIT 退職代行を必要とする現在の社会の問題点
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ 退職代行の失敗例はあるのか【まとめ】
  3. 退職代行の安全性重視なら弁護士事務所 退職代行って法的問題はないの?【違法か心配なら弁護士事務所を利用…
  4. 退職代行の流れを解説 退職代行業者の仕組みとその対応の流れ【無料相談は支払い前まで】
  5. 退職代行のEXIT 退職代行EXITの評判や噂を確認
  6. 退職代行弁護士にLINE LINEが使える退職代行の弁護士事務所が便利
  7. 退職代行は親や転職先にバレる? 退職代行を利用したら両親や転職先にバレる?【バレません】
  8. 退職代行の決め方 退職代行サービスは合法?違法?【非弁行為をしてない業者はどれ?】…

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP