スポンサードリンク

退職理由は前向きに!【例:会社商品・給料が原因】

会社商品・給料が原因で会社をやめる場合の例文今回は、会社商品・給料が原因で会社を辞める場合の退職理由の例文を紹介します。

企業(会社)を辞める際には、【退職理由】というものを会社に伝えなければなりません。転職する際に本当の退職理由ではなく、建前の退職理由を言います。

まずは転職先の面接官に

転職先の面接官

それなら仕方ない、うちの会社では頑張ってくれるだろう

納得してもらえるような建前の退職理由を考えてみましょう。

前回から数回に渡って発想を逆転させて、前向きな退職理由にすることが大切だと、よくある例で書かせて頂きました。

退職理由は前向き!【例:サービス残業・通勤距離が原因】退職理由は前向きに!【例:社長がワンマン・ノルマが原因】退職理由は前向きに!【例:人間関係が原因】退職理由はホンネとタテマエで慎重に決めるべき!

今回も例を上げながら、ポジティブで前向きな退職理由の参考的な考え方を紹介します。

自社の商品に不満がある場合

営業職の場合、扱う商品に自信を持てないのは辛い部分です。しかしながら、営業はそれでも売るのが仕事です。

不満だらけのAさん

商品がダメだから売れませんでした

と言い切ってしまうのはダメです。商品に自信が持てないことの裏返しで言えば、仕事に打ち込みスキルアップしたいという気持ちがあるからこそだと思います。

故に顧客に喜んでもらいたいのに、商品力でそれが叶えられない悔しさがあるということにすることも考えられます。

転職活動中のAさん

自信を持って『いい商品だ』と言えるものを提供し、顧客との信頼関係を築いて、営業としてスキルアップしたい。

というのもありかと思います。

給料が安すぎる場合

給与への不満を理由に退職される方もいらっしゃるかと思います。給与への不満は、努力成果が報われないから生まれるものとも言えます。

そこを伝えないと、

転職先の面接官

お金のことしか考えていない奴だな…

マイナスに受け取られてしまう可能性があります。ですから、しっかりと自分の報われていない部分と絡めて

自分の働きを正当に評価してくれる会社で活躍したい。

といったことや

会社の評価制度がしっかりしている会社で活躍したい。

と言うのもありです。給料・お金に関する退職理由はよく聞かれるのでもう1つ例文をあげるなら、

転職活動中のAさん

前社は年功序列の給与体系だったため、なかなか自身の成果を実感できずにいました。

営業でトップの成績を収めても、給与額にほとんど反映されないため、成果を正当に評価してくれる実力主義の会社に転職して、思う存分力を発揮したいと考え退職しました。

というような流れを答えるのもありです。転職サイトなどで転職先を探すと同時に、このようなことを気にしつつ、転職成功を勝ち取っていきましょう。

では次項に関しましては、よくある退職理由一覧を見ていこうと思います。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!退職はどう話すべきなのか?の関連記事

スポンサードリンク