スポンサードリンク

退職理由は嘘をつかず、正直に話すべきか?

企業(会社)を辞める際には、
【退職理由】というものを
会社に伝えなければなりません。

退職理由の書き方・伝え方は
どのように会社に伝えるべきでしょうか?
正直に話すべきなのか?
それともをつくべきなのか?
いろいろと考えられます。

会社を辞める時に重要なことは
円満退職(円満退社)が
出来るようにすることです。
故に退職の理由
円満退職(円満退社)が出来るように
運べるような内容にするべきです。

人間関係労働条件業務内容への不満、
家庭の事情時間帯結婚や出産
キャリアアップ体調不良健康上の理由など、
退職理由は様々ありますが、
多くの人は何らかの不平不満を理由
退職していることが多いかと思います。

そして、多くの方々は、
本当の退職理由ではなく、
建前の退職理由を言います。

例えば、本当は上司との人間関係が嫌だったとしても、

転職活動中のAさん
キャリアアップのためです!

と建前上で、そういっている場合です。

では、こういった場面は、
本音の退職理由を言うべきでしょうか?
それも良いとは言えません。

それでは、良く使いがちな、
「一身上の都合で」というフレーズを
使うと良いのでしょうか?

これも使い方によっては問題になります。

では次項に関しましては、
会社を辞める際、退職理由はどう語るべきなのか?
ということを書かせて頂きます。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!退職はどう話すべきなのか?の関連記事

スポンサードリンク