退職する際の流れと説明

退職する際は、【周りには漏らさない事】が絶対に必要!

企業(会社)を辞める際には、【仕事の辞める理由】を会社に伝えなければなりません。

会社を辞める際は、その辞める意思・動機を会社に伝えなければなりませんが、会社を辞める時に、一番最初に話しておく必要がある方は一体誰なのでしょうか?

結論から書いてしまうと、退職の意志・退職理由を「直属の上司」に言うのが、一番最初にやっておくべきことです。

次の会社で良い就職、良い面接を受けるためには円満退社が出来れば、変なうわさも流れませんし、他の方々からも足を引っ張られたり、邪魔されることもありません。

故にまずは、退職理由を語る際は、「直属の上司」に言いましょう。

ここで重要なのは、まずは直属の上司に連絡して、【他の周りには漏らさない事です】

例えば良くあることが、周りに転職・退職することを自分から言うと、その聞いた当人は故意が有る無いにしても、噂として流れる可能性があります。

そうなると、人から人へ情報がわたっていくと、それが改変されて事実と違ったことが広まったり、仕事を辞めることが広まり、組織・チーム全体のモチベーションダウンといった可能性もあります。

会社の状況や退職理由などによっては、「この忙しい時期に、そんな理由で辞めるのか!」のように不満が噴出してしまい、円満に退職できなくなる可能性もあります。

なので、基本は直属の上司と内密に退職時のあいさつはいつ頃からするのか、引継ぎをどうするのかを決めていく必要があるわけです。

この時に上司に退職願退職届を出す際は、【辞める日付を空白にして出す】のが礼儀です。あとで上司と話し合い、いつ辞めるかを決めて、そのあと日付を書き直して退職願退職届再提出する形になります。

そのような形で、退職の段取りを進めていけば、円満退職しやすいのでぜひ覚えておいてください。

では次項は退職時、会社に退職を申し出る際の手順のタブーを書いていこうかと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 退職理由を言う際にやってはいけないこと
  2. 退職する際は会社にどの時期・タイミングで報告すればいいの? 退職する際は会社にどの時期・タイミングで報告すればいいの?
  3. 退職理由を言う際にやってはいけないこと【辞める時期編】

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 転職時の面接での退職理由
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職までの5つのステップ
  4. 自己都合退職を会社都合退職にする方法 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

ピックアップ記事

  1. 転職内定後の退職手続きの流れを簡単解説
  2. 退職手続き後、失業保険の為に行く役所・場所。会社都合の場合。
  3. 退職手続きの書類など
  4. 退職する前の引継ぎの注意点と法律
  5. 上司の引き留めを跳ね除ける退職理由の例文紹介
  6. 退職する際は会社にどの時期・タイミングで報告すればいいの?
  7. 退職願・退職届・辞表の違いと説明
  8. 退職する前に確認すること:会社都合・自己都合
  9. ウソだと思う退職理由ランキング
PAGE TOP