スポンサードリンク

もしも引き留め(慰留)にあったら……そもそも慰留とは何をしてくるのか?

もしも引き留めにあったら・・・対処法

企業(会社)を辞める際には、退職の意志・退職理由を上司に語る必要がありますが、上司や経営者からは引き留め(引き止め)にあう方もいらっしゃると思います。

専門用語で言えば、「慰留(いりゅう)」と言いますが、会社によってはその慰留の仕方度合いも違います。イレギュラーケースもありますが、ほとんどの会社は「辞めます」「どうぞ」とは言いにくいのが本音です。

余程、嫌われていたり、過剰人員だったり、退職勧奨を受けている人なら、そのまま疑問も無く辞めさせられますが、通常は「何が不満なんだ」
「理由は何だ?」と言われ、聞かれることが多々かと思います。

実際に会社が打ってくる手としては、

会社の上司

今の仕事の区切りは半年後だからそれまで居てくれないか


会社の上司

給与を上げるから残ってくれ


会社の上司

部署を変えるから仕事を続けてくれ

といろいろと転職・退職を諦めさせようと慰留工作が良くされるものです。

さて、そのような慰留工作は多いのですが、実際のところ「退職を思い留まることは正しい選択と言えるのでしょうか?

実は言うと、慰留の際に、会社が出してくる条件を呑むことはなるべく避けた方が良いと言えます。これはどうしてかと言えば、2点の理由があります。

理由1:会社に居づらい。
理由2:会社側が引き留めに提示した条件を守らないことが多い。

この2点があります。

今回は以上ですが、次項に関しては引き留めのよくある2点について色々解説していきます。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!退職するまでの間の残件処理一覧の関連記事

スポンサードリンク