再就職のための資格

【サービス業】で役立つ資格を色々紹介:退職後の転職

サービス業の資格

退職理由を考え、無事に退職できた皆様、お疲れ様です。ここでは退職から、再就職に向けた話を書かせていただきます。

サービス業と一言で言ってもさまざまな業種があるので、これだけ取っておけば大丈夫、といった資格は存在しないのが現状です。しかし、むしろ無資格・低学歴の方が就くのがサービス業だと思っていると再就職の際、他の中途採用希望の方と内定の取り合いになったとき不利になってしまいます。

例えば、NPO法人が実施している接客サービスマナー検定では、接客業での身だしなみや言葉遣いなど、最低限の接客マナーが身についていることが証明できるので、自動車ディーラーやホテルのフロント係、ファミリーレストランやカフェ、営業職などにも自信を持って臨むことができるようになりますよ。

また業種別でもさまざまな資格があります。

例えば不動産・建築関係に転職したいと思っていらっしゃるなら宅地建物取引士資格試験に合格しておくと有利です。この国家資格は、建物の売買や賃貸仲介の際、重要事項の説明を行える人だと都道府県に登録されるというものです。不動産関係の職場には絶対に必要な人材とされますし、未成年や外国籍の方でも受けられるのでオススメです。

ホテルや結婚式場ではブライダルプランナー検定葬祭ディレクター等の資格を取っておくと有利になる可能性があります。

便利屋・何でも屋を開業したいと考えている方は、遺品整理士の資格を取っておくとお客さんの信頼感が増すかもしれませんね。

手先が器用な女性の場合は、ネイリストやエステティシャンの資格試験に合格しておくとブライダルサロンやエステ、美容室などで有利になるでしょう。

まずはどこに転職するかを決め、そこに入るために何ができるかを調べてみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 免許種類 運転免許でも転職に有利な種類がある【退職後】
  2. サイバー大学 通新制大学卒業資格で次の就職を有利にしよう!【退職後の転職】
  3. 製造事務資格 退職前に取りたい:製造業・事務職で役立つ資格【転職に有利】

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP