退職代行

退職代行を必要とする現在の社会の問題点

①退職代行を利用する人はそれだけ精神的・肉体的に追い詰められている

疲れ

最近ネットやメディアで目にするようになった退職代行サービスですが、なぜお金を払ってまで退職を代わってもらおうとするのでしょうか?
それは企業側が人手不足もなどで労働者に過酷な労働を強いたり、パワハラ・セクハラなどで精神的または肉体的に追い詰められた結果、利用する人が多くなったようです。

例えば、

  • 過度な労働時間の超過で疲労困憊になっている。
  • 日頃から強い口調で叱責され続けることで辞めたくても言い出せなくなり精神病になってしまった。
  • 正当な理由から退職を申し出ても上司が話をごまかしたり退職届を受理しない。

本来退職とは理由が正当だとしても同僚や会社に迷惑がかかると思ったりして自分から言い出すには大変な勇気がいることですが、上記の例のような状態になっていると退職を言いだす気力がわかないほど疲れていたり、退職を伝えることすら怖くてできないと考えられます。このような環境下にいる人たちにとっては上司と直接話さなくても退職を実現できる退職代行というサービスはライフセーフティとも成りえる有益なサービスと言えるでしょう。

退職代行を否定的にとらえる方もいらっしゃいますが、「退職代行を使わざるを得ないほど過酷な環境、ブラック企業で働いている労働者がいる」ことも理解し、そのような企業が跋扈している現状を理解していただけるといいかと思います。もちろん、新型鬱のような、甘えなんじゃないかと思えるような社会人もいるので、難しいところです。

②退職代行が増えてる理由として企業と労働者の間にある価値観の差が大きい

上記で追い詰められて退職代行を利用する話をしましたが、そうでない人も利用しています。そういった人たちは、なぜ退職代行を利用して仕事を辞めていくのでしょうか?それは企業が労働者に求めている思想と、労働者が企業に求めている思想がずれている可能性が指摘されます。

退職代行を利用して辞めていく人のほとんどが若者(20代~30代)ということで新入社員や若手社員ということがわかります。
そして現代の新入社員の理想の職場と10年ほど前の職場の考え方の違いをまとめてみると

現在の理想の職場10年程前の職場の考え方

  • お互いに個性を尊重する・活気がある
  • お互いに助け合う・皆が一つの目標を共有している
  • ルール・決め事が明確・お互いが鍛えあう

となっています。

比べてみると、かつての職場は会社としての目標は一緒だが同僚もライバル・業績も競い合いで活気で溢れている場所が理想となっていたように思えます。しかし現代の若者の求める職場は、互いの個性を生かしつつ足りないところを他人と助け合けあい規律やルールに従順な場所を求めている傾向が見て取れます。

これだけ互いの思いが違っていると退職・転職が多いのも納得できます。

最近の若者は根性が足りないとか打たれ弱いとかマニュアル人間と思っている年配者の方もいるかもしれませんが、そうではなく根本的な考え方が違うことを理解しておくことが大事でしょう。これは簡単にいうと今までなかった考え方や発想に満ち溢れていることの裏返しでもあります。企業側がこれらのことを理解して一人一人に合った仕事を与えたり足りない部分を補佐するといったことをすることで会社と話すこともなく「退職する」などとは言わなくなるはずなのです。

近年退職代行の需要が高まる原因は最近の若者が考える企業像と企業側求める労働者像のギャップが原因と考えることもできます。もしかすると退職代行というサービスがなくなる世の中になった時がもっとも企業と労働者が歩み寄っている時代なのかもしれませんね。

③退職代行サービスは現在の環境にマッチしたサービス

マッチ

今までで説明したように退職代行サービスが増えているということはそれだけ今の若者または退職者が会社で働くことに対して強いストレスを感じていることの裏返しと言えます。そのためこの退職代行サービスというのはそのような人たちのピンチヒッターとして需要が高まっているのではないでしょうか。

実際に退職代行サービスがメディアで取り上げられてからというもの、最初は数社しかなかった退職代行業者が今ではかなりの数になっています。

「他人任せで無責任」「常識外れ」と考えている人もいるかもしれませんが、これだけ退職代行の需要が高まっているというはその考え方も見直さなければならない時代になったと考えた方がいいでしょう。

今は企業側が人手不足で労働者を手放したくない環境です。そのため辞めたいと思う労働者を引き止めたり、過酷な労働環境で働かせてしまっている現実があります。このような時代にこの退職代行サービスは現れるべくして現れたサービスなのではないでしょうか。

価格も手頃で知名度の高い退職代行

メディア紹介が多い……EXIT
有給サポートのある……辞めるんです
業界でも低価格…SARABA(さらば)
弁護士事務所で格安…汐留パートナーズ法律事務所

知名度・メディア掲載数で安心度MAXの「EXIT」

退職代行のEXIT

  • メディア掲載数No.1
  • 顧問弁護士あり
  • 転職サポート付き。しかもキャッシュバックで3万。

EXITはNHK、フジテレビ、TBS、日本経済新聞、読売新聞、Yahooなど様々なメディアで紹介されている知名度No.1で、退職代行の火付け役とも言えます。

会社の上層部でも知っている人が多いので、「ついにうちにも使ったやつがでたか…」と退職が簡単に進む可能性があります。

顧問弁護士が監修してサービス提供・EXITスタッフの教育をしているので、法律関連の対応も良く、非弁行為(*1)や問題が発生しないよう立ち回ってくれます。

【実質無料になるかもしれない利用料金】
また料金が50,000円と他社退職代行より高く感じますが、EXITと業務提携している転職エージェント【ワークポート(*2)】経由で転職できれば、50,000円の費用が全額キャッシュバックされます!

退職から転職まで総合的に安心して進めれるので、かなりオススメの退職代行です。

EXIT【公式HP】

*1:非弁行為とは?
「弁護士でない者は報酬を得る目的で法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない」(弁護士法72条より)

*2:ワークポート。未経験からの転職が得意な支援サービス。求人紹介から面接・書類作成のアドバイスなど様々な事をしてくれて、さらに利用料が無料なのでぜひ活用すべきサービスです。

料金 正社員 50,000円 アルバイト 30,000円
対応時間 24時間対応
連絡方法 電話、メール、LINE
支払い 銀行振込、クレジットカード

 

有給サポートで実質無料な「辞めるんです」

退職代行サービス辞めるんです

  • 30,000円でOKな手頃な価格。追加費用もなし。
  • 有給サポートを利用して実質無料。
  • 顧問弁護士が監修のサービス

まず一言。現在、期間限定で50,000円のとこ、30,000円で利用可能なキャンペーン中!いつまで続くかわからないので、お早めに相談をオススメ。

辞めるんですもEXITと同様、顧問弁護士がサービス内容を監修しているので、法律関係のトラブルになった時に安心して任せれます。

そして有給サポートで、有給を使って退職できるように取り計らってくれるのも辞めるんですのポイント。多くの方が「退職できるなら…」と有給を諦めますが、辞めるんですで有給休暇で給料をもらいながら退職できるので、利用料金は実質無料と言えます。さらに料金が安くなっていますので、かなりお得に退職できるのでオススメ!
辞めるんです【公式HP】

料金 通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
対応時間 24時間対応
連絡方法 電話、メール、LINE
支払い 銀行振込、クレジットカード

 

業界でも低価格で使うなら「SARABA」

退職代行SARABA

  • 29,800円は業界の中でも格安
  • 24時間受け付け
  • 行政書士による対応

可愛い猫ちゃんがアイコンのSARABA。
上記2つのような顧問弁護士監修ではないので、法律面で弱い面もありますが、価格は業界最安値。24時間対応で、最速即日退社も可能なので、「とにかく急ぎで辞めたい!」という方にはオススメ。

有給や給料未払いの交渉はできませんが、退職成功率はほぼ100%なので、退職するだけで十分ならSARABAも十分使えます。退職後は転職サポートもしてくれます。

ただ、現在「辞めるんです」がキャンペーン価格30,000円で使えるので、同じ値段なら、弁護士監修の辞めるんですがいいかも。キャンペーンが終われば、SARABAもありなんですけどね。

SARABA(さらば)【公式HP】

料金 一律29,800円
対応時間 24時間対応
連絡方法 電話、メール、LINE
支払い 銀行振込、クレジットカード

 

もっと安全性がほしいなら「汐留パートナーズ法律事務所」

汐留パートナーズ

  • 弁護士による退職代行
  • 法律問題時も超安心
  • 有給や給料未払いも交渉可能(ただし料金はアップ)

会社に訴えられたらどうしよう?非弁行為の心配がある…という不安を抱えるなら、弁護士事務所が行ってくれる退職代行がオススメ。中でも汐留パートナーズは業界でも安い54,000円なので、かなりオススメ。

有給や給料・残業代の未払い問題など交渉も行ってくれますが、受け取った金額の20%が成功報酬として支払うので、上に上げた退職代行より価格は高めですが、【弁護士事務所が全てやってくれる】という安心・安全度はどこよりも高いです。

会社とのトラブルが間違いなくある…という人は汐留パートナーズを利用するのがいいでしょう。

汐留パートナーズ法律事務所【公式HP】

料金 54,000円 + オプション費用
対応時間 24時間対応 電話 10:00~21:00
連絡方法 電話、メール、LINE
支払い 銀行振込、クレジットカード

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 退職代行 弁護士 退職代行で弁護士に依頼が高評価なのは?【トラブル時の交渉】
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ 退職代行の失敗例はあるのか【まとめ】
  3. 退職代行は親や転職先にバレる? 退職代行を利用したら両親や転職先にバレる?【バレません】
  4. 退職代行SARABA 3万円から使える退職代行SARABAの口コミや評判・料金について…
  5. アルバイト アルバイトを辞めるのに退職代行ってあり?
  6. NHKクローズアップ現代の退職代行 NHKニュースで取材された退職代行のEXITとは?
  7. 退職代行業者は交渉できないので注意 退職代行でしっかり交渉をしてくれる弁護士事務所
  8. 汐留パートナーズ 弁護士の退職代行サービスは確実に辞めれる?【無料相談してみよう】…

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP