退職理由インタビュー

ベンチャー企業社長のパワハラで退職したSさん(30歳)の体験談

世の中にはブラック企業と呼ばれる、会社がたくさんあります。給料が安かったり、残業時間が長い、給与未払いが多いなど多数のタイプがありますが、今回インタビューしたSさんは社長のパワハラが退職理由となったひどい会社だったようです。

管理人

最後に聞かせてもらったエピソードで、社長のクズっぷりにはげっそりです(ヽ´ω`)

キーワード

  • ベンチャー企業
  • パワハラ
  • ブラック企業
  • 在職期間が短い
  • 給与未払い
  • 会社都合退職

退職経験者の基本情報

退職理由は、ベンチャー企業の社長パワハラ

名前 Sさん
性別
年齢(当時) 30歳
業種 工場管理
退職した仕事はどんな内容でしたか?(業界・業種・職種など)

植物工場で野菜などを生産する会社に就職しました。起業したばかりのベンチャー企業です。基本的には植物工場の生産の管理をしていましたが、ベンチャーということもあって人手が足りませんでしたので、総務・人事・経理の内容の仕事もしていました。

その仕事の在籍期間はどれくらいでしたか?

半年ほどです。夏から冬にかけて働いていました。
在職期間は短かったですね。

なぜ退職をしたのですか?退職理由を教えて下さい。

主な理由は、社長からのパワハラです。
最初はわたし自身へのパワハラはなく、社長から別の従業員へのパワハラがありました。自己都合退職に追い込むために、何人かの従業員に対して嫌がらせをしていたので、そのことについて私は社長に何度か抗議しました。

するとわたしへのパワハラも始まりました。
会社に入るためのキーが使えないようにされる、いわゆる「ロックアウト解雇」です。ロックアウト自体の違法性を問うことは難しいですが、こうした方法による解雇は、無効になる可能性が極めて高いです。

しかし、当時はそうしたことが分かりませんでした。当時は会社にも入れず、わたし自身もこのような会社に付き合うのも嫌になったので退職を決めました。

そのほかにも、雇用契約書の発行を要求しても応じない、就業規則のありかが社内で周知されていないにもかかわらず、「懲戒解雇に値する」などと脅しをかけてきました。

退職を最初に告げた相手はどなたでしたか?また、どのような反応でしたか?

最も信頼できる別の従業員に報告しました。
多少は驚いていましたが、あの社長ならそれは仕方ないね、という反応でした。

退職を告げてからの上司の反応はどうでしたか?

社長が外回りをしているときに退職届を出したので、とくに何も言われませんでした。
ほかの上司にも報告しましたが、あまり会社にも来ていない人でしたので、人ごとのような様子でした。

退職を告げてからの周り(先輩・同僚・後輩)の反応はどうでしたか?

最初にわたしが退職を告げた従業員は、わたしが辞めれば会社はもたないだろうと判断して、わたしの退職日の1、2ヶ月後くらいに退職しました。
別の従業員はたいへんショックを受けて、わたしの退職を引き止めたい様子でした。また、もっと早く教えて欲しかったと言ってくれた従業員もいました。

上司に告げた退職理由は、本音・本当のことか?それとも嘘・建前のことでしたか?それで納得しましたか?

退職自体について、社長本人には口頭では告げませんでした。というのも、そもそも会社に入れないように嫌がらせをされていましたので。

別の上司には、退職の理由がパワハラであることは告げました。しかしその上司は、人ごとのような様子でした。

退職願・退職届は提出しましたか?

退職届を提出しました。退職届を出すのも初めてだったので、「一身上の都合で」というありきたりな文言を書いた退職届を出しました。

退職をするのに障害になったこと・苦労したことは何でしたか?

わたしが退職した後に、一緒に仕事をしていた従業員がショックを受けるのではないかという心配がありました。

しかしその従業員に話しても余計な心配をかけるだけだと思い、ぎりぎりまで退職の話はしませんでした。家族には退職のことは話しませんでした。

退職時に一番腹が立った、怒ったことは何でしたか?

雇用契約書を発行してくれと何度もお願いしたのですが、結局発行してくれませんでした。

また、退職後、離職票を発行してくれとお願いしたのですが、一ヶ月以上経過しても発行しませんでした。会社に残っている従業員に様子を聞いたところ、「離職票の発行には数ヶ月は必要だ」などとをついて発行をわざと遅らせていました。

腹が立ったので、弁護士の無料相談にも通い、弁護士に相談していることを告げたところ、発行してくれました。

退職時に一番悔しかった・悲しかったことはなんですか?

雇用契約書がもらえなかったために、わたしの実際の勤務期間が正確に証明できなくなりました。
そのおかげで、本来は失業手当をもらえるはずだったのに、もらえなくなってしまいました。

半年しか働いていませんでしたが、給与の未払いがあったり、事実上、会社都合の退職なのでハローワークに報告すれば失業手当をもらえる可能性は高かったのですが、それが雇用契約書がないばかりに、できなくなりました。

退職時に一番嬉しかったことはなんですか?

社長と顔を合わせていることがストレスでしたので、社長の顔を見なくてもよくなったことが一番嬉しかったです。また、わたしの退職をねぎらってくれる同僚がたくさんいたのも嬉しかったです。

退職を告げてから退職が完了するまでに、どれくらいの日数がかかりましたか?

退職を口頭で告げずに、退職届を提出しました。
退職届には、届の提出日の14日後に退職すると記載しました。退職の際になにか障害になることも起きなかったので、14日です。

退職後はどうしていましたか?

体調を崩してしまったので、退職後すぐには働くことができませんでした。調子が回復してからは、塾講師のバイトをして生活を始めました。

また、フリーランスとしての活動を増やして生計を立てるようになりました。

どのように転職や就職活動をしましたか?

ネットで転職先を探せる、転職支援サービスをいくつか使いました。
すぐに収入が欲しかったので焦ってはいましたが、このサービスでバイト先がすぐ見つかったので、助かりました。

いま、どんな仕事をしていますか?その会社では、前と比較してどうですか?

いまは主に、ライターとしての活動で生活していますが、退職後に就職した塾講師のバイトも辞めていません。月に数時間だけ、塾からの収入を得ています。

パワハラをするような人間はひとりもいないので、大変快適に仕事ができています。一緒にまともに働いてくださる人たちには、感謝の気持ちでいっぱいです。

現在、退職・転職を考えている方に、アドバイスを上げるとしたらどんなことを伝えますか?
  • ①まず、雇用契約書はきちんともらうようにしてください。
  • ②それから、就業規則が会社にあるかどうか確認しましょう。就業規則がないこと自体は問題ありませんが、就業規則が存在しないにもかかわらず「懲戒解雇をする」などと会社が告げるのは違法です。会社がもし違法なことをしてきた場合に、こちら側が困らないよう、証拠をきちんとおさえましょう。
  • ③また、辞めるときは可能なかぎり、自己都合ではなく、会社都合で辞められるようにしてください。もし会社から、「解雇したいけどあなたの経歴に傷がつくから自己都合で退職したほうがいい」などと言われたら、これは罠です。そういうときは、会社に「解雇通知書を出してください」と言いましょう。

 

退職に関するエピソードを聞いてみました!
管理人

貴重な体験を聞かせて頂き、ありがとうございます!
弁護士に相談する程って、結構大変な会社だったのですね。まだまだ、ブラックなエピソードとかありそう……。

Sさん

もちろん、ありますよ!パワハラを受けた従業員の彼氏が会社に乗り込んできたこととか!

管理人

えっ!それは滅多になさそうなイベントですね(^^;

Sさん

社長は、精神障害を持つ従業員(女性)にパワハラをしていました。人間のクズと言っても過言ではありません。

管理人

精神障害を保つ方に雇用を作るのは素晴らしいことだと思いますが…パワハラは駄目ですよね…

Sさん

その従業員の彼氏が会社に乗り込んできましたが、その社長は逃げて対応しませんでした。クズのうえに臆病者です。

管理人

えっ!逃げたんですか?ひどいですね…それでどうなったんですか?

Sさん

その彼氏の対応は私がしました。何とか理解してもらって、帰ってもらい、事なきを得たのですが…こんな人の尻拭いをしなければならないのは本当に嫌でしたね。

管理人

Sだけでなく、色んな人が迷惑を被っているんでしょうね…退職できて本当に良かったですね。

 


 

管理人まとめ

一時期と比べブラック企業はだいぶ叩かれたりして、改善されているところもあるようですが、まだまだSさんのような会社はあるのでしょうね。

インタビューの話の中ででてきた、「会社都合退職」ですが、これは本当に退職時は会社都合がベストです。失業手当(失業給付金)の受取時期や給付金の額が違ってくるためです。

会社都合と自己都合での違いや、会社側が会社都合を避けたり理由、会社都合退職にする方法などをまとめた記事が下のカテゴリーになりますので、興味がある方は、参考にしてみてください。
仕事を辞める前に・早まる前にやっておくべきこと

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 仕事のモチベーションが保てず、本当にやりたい仕事へ転職したCさん…
  2. 入社して気づいた労働条件の相違!システムエンジニアのDさん(39…
  3. 短い在職期間で退職を告げたKさん(23歳)。簡単に退職できたのか…
  4. 有休・残業代・昇給なしのブラック企業を退職したNさん(25歳)
  5. 家庭の事情・職場のいじめで辞めることになったUさん(31歳)が決…
  6. 結婚を機に事務職を退職したKさん(23歳)が、上司を納得させた理…

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP