お仕事を辞める準備

退職するという選択肢

前回は、退職しない選択の話をしましたが、辞めたほうがいいお仕事も当然あります。

労働時間に対してお給料が少なすぎる場合、これはお仕事でなくボランティアです。慈善活動としてのボランティアは余裕がある方が足りない方に分け与えるもの
限りある時間を削って、少ないお給料のために必死で働くのは健康的ではありません。

また、セクシャルハラスメント(セクハラ)やモラルハラスメント(モラハラ)、パワーハラスメント(パワハラ)まかり通っている職場なら、早めに辞められるのをオススメします。

人間関係の一環だし、耐えている人もいるんだから我慢しよう、と真面目に考えられる方は、心が折れてしまったとき立ち直れなくなる可能性もあります。

業務上関係のない性別上の差別がセクハラです。女性向け下着メーカーなど性別に深く関わりがある職業は例外になりますが、例えば男性同士・女性同士でも個人の容姿や体型によるからかいなどもセクハラと言えますね。

追い込まれてしまっている方ほど、あの人は差別的な態度ができる育ちをされてきた方なんだな、と我慢される場合もありますが、できれば上司への相談や退職で傷を負う前に避けて下さい。

同じく、過剰に人をけなして有利に立とうとする同僚や上司のモラハラ、上司が権力を振りかざして圧力をかけてくるパワハラなど、人間関係の一言では片付けられない嫌がらせを受けられている方は、早急な対処が必要です。

幼児虐待などにもよくあることですが、理不尽な態度や言葉などによる二次的な暴力は被害者の方が「自分さえ我慢していれば」「自分にも悪いところがあるんじゃないか」と思い込み、加害者によって洗脳されてしまうことがあります。
その状態になると生活に支障が出たり、精神科などのカウンセリングが必要な事態も招きます。

いまの状況を客観的に見られるよう、まず職場と関係ない方に話を聞いてもらったり、退職に向けてハラスメントがあった証拠を集めたり(録音・メモなど)、ハラスメントに詳しい弁護士の方などに相談してみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 退職したい理由のアンケート結果は…?
  2. 退職前に考えること
  3. 退職しないという選択肢

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP