お仕事を辞める準備

退職したい理由のアンケート結果は…?

退職理由のアンケート結果
リクルート社が実施した退職理由アンケートによれば、やはり人間関係による退職がトップという結果になっています。上司とそりが合わない、いじめられる、部下がいうことを聞かないなど、同じ職場で働いている他人にわずらわされることはままあります。

人間関係をよくしていく上でもっとも重要なのが、相手への興味ではないでしょうか。なぜ相手と全く考え方が違うのか、なぜ上司はこう言ったのかなど、相手を理解することで潤滑な人間関係のきっかけがつかめる場合もあります。

まれに、権力を振りかざしたいだけで上司面・先輩面をする不届きな方もいますが、その場合は更に上の方に「相談」してみるのが一番です。社会人の基本「報・連・相(報告・連絡・相談)」の一環ですし、上司が部下の状態を把握していないと仕事ができません。我慢せずに少しだけお時間をいただいてください。

次に多かったのが社風や地域の風土など、空気が合わないという理由です。こちらは入社前にある程度調べられるので、リサーチ不足の方やほかの地域から引越ししてきた方などに多いのではないでしょうか。

勤務時間が終わってもウエットな付き合いが必要だったり、逆に方言などが違う方をよそ者扱いするといった会社は残念ながら結構多いようです。まずは郷に入りては郷に従えという言葉もあるとおり、その地域のものさしに合わせて、少し人間観察をしてみましょう。

給与面やサービス残業などの仕事内容も退社理由として、入社時の説明と大きくかけ離れているような場合で多いようです。こちらは労働基準監督署への相談で改善されない場合に退職されるのが良いのではないでしょうか。

少しずつでも行動を起こしてみて、改善の兆しがなかった場合は退職もやむを得ないと思います。何もせず、何も言わずに急に辞めてしまうより自分も納得しやすいので、できることをできるだけやってから最後の手段として退職を選択されるのがベストです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 退職するという選択肢
  2. 退職しないという選択肢
  3. 退職前に考えること

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP