体験談:Yさんの製造業・生産管理

転職エージェントの【面談の流れ】や【面談内容】を質問してみました

転職エージェント体験談・技術系・製造管理へ

製造業の生産管理に転職成功したYさん前回は、Yさん(男性:31歳:技術系・製造業の生産管理)が、大手転職サイトを使っていたが、求める会社が見つからず、途方に暮れていた時に転職エージェントから連絡があったという、お話をしました。

今回は、転職エージェントとどんなやり取りをしていったのか、突っ込んで聞いてみたいと思います。

管理人

複数の転職エージェントを使っている方は、Yさんが使った転職エージェントの断り方はぜひ読んで見る価値ありです。

前回まとめ Yさんが転職エージェントを使うことになった流れ

  • リクナビNEXTやマイナビ求人など大手転職サイトで求職活動を開始。
  • 地元の北陸地方で働きたかったが、大手サイトでは地方の求人が少なく、転職先が見つからない。
  • 悩んでいた時、リクナビNEXTのメールボックス『北陸での転職』に特化した転職エージェントから面談の提案がくる。
  • 迷ったが、まずは会ってみることを決断。

このように、リクナビNEXTを使っていたら、
提携している転職エージェントから声がかかったという流れでした。

転職エージェントと面談するまでの流れ

管理人

では、Yさんが転職エージェントのメールをもらって、実際に会うまではどのようなやり取り・流れがありましたか?使ったことのない転職エージェントに不安を持っている人もいるので、ぜひ聞かせてください。

会いたいという意志をまず、メールで伝えると、すぐに返信がきました。
そこには面談で使う為の、履歴書や職務経歴書を書くためのフォーマット(所定の形式)が付いていました。
僕は、すでに何度も履歴書を書いていたので、それらのコピーを送りました。
履歴書をまた書くのが面倒だったので(笑)。確認したら、それでOKということでした。

それと転職に関する質問の一覧もあり、面談の前に回答することが必要でした。質問が沢山あり面倒でしたが、転職したかったので、がっつりと書きました。

  • どんな仕事をやりたいか?
  • なんで仕事を辞めたのか?
  • 希望年収
  • 勤務地
  • 休日

などです。それら送ったあと、しばらくしてから電話が掛かってきました。

電話で会う意志を再度伝えると、「会社の事務所に来れますか?それとも喫茶店がいいですか?」と聞かれました。いきなり会社に行くのも心配だったので、まずは喫茶店で会うことを希望。怖い人達に囲まれると嫌ですからね(笑)
あと、面談日を決め、面談前の準備は完了です。

1回目の面談では質問づけ。面談時間は思ったより長かった!

管理人

1回目の面談では、どんな話をしましたか?話した中で特に印象に残ったことは何でしたか?

面談では、まずお互いの自己紹介をした後、「うちのエージェン会社は創業~~」とか会社の説明のあと、僕の履歴書・職務経歴書・提出した質問の内容を元により詳しく話しました。

特にしっかり話し合ったのが『何の為に働くのか?』でした。これが転職を失敗しない為にどうしても必要なポイントと言っていました。

また、退職した理由を聞かれた時、「経営者との関係の悪化」だったので、正直に言うべきか迷いましたが、本音を話しました。

管理人
面談はどれくらいの時間してたのですか?

面談していた時間はだいたい2時間くらいでした。
ネットで転職エージェントの比較サイトとかを見ていると、1時間~1時間半くらいが面談時間と書かれていましたが、2時間かけてじっくり話をしました。
都会と違って、地方だから転職エージェントの担当者も暇だったのかな(笑)

話をしているうちに、自分の中でモヤモヤしていたものが、はっきりしてきたので、個人的には長く面談できたのは非常に良かったです。

面談直後に、理想的な会社を紹介してくれた!

管理人
長く面談できたのは利用者としては嬉しいですね。
では、1回目の面談から、実際に求人会社を紹介されるまでは、どれくらいの時間がかかりました?

すぐに紹介されましたね。びっくりするくらい早かったです。

だって、1回目の面談が終わりくらいに、担当者が「今日、今から●●会社の社長に会ってくるのですが、あなたのことを話してもいいんですか」って、言われましたからね。

その会社のことを詳しく聞いたら、働く条件も良く、僕がやりたいと思っていた製造業の生産管理のことだったので、『是非!』とお願いしました。
かなりのスピーディーに動いてくれて嬉しかったです。

裏話をすると、実は、もう1社の転職エージェントともメールでやりとりしており、そのエージェント社とも面談を進める予定があると、今回の担当者に話していました。
そのため「天秤に架けられている」と考えて、スピーディーに動いてくれていたのかもしれませんね(笑)

管理人
それは、担当者も頑張っちゃいますよね(笑)
ある意味、担当者にうまくプレッシャーをかけれたのかも!

 

断りの連絡は担当者に?それとも…事務の人?

管理人
2社の転職エージェントを使ったということは、受かった時にもう一方は断ったのですよね?どんな風に断りをいれたのですか?

普通に断りましたよ。「他のエージェント会社で決まったので」と伝えました。5分もかからず終わりました。

ただ、連絡を入れたのは、担当者ではなく、事務の人にですけどね。
「わかりました。サービス終了を受け付けました。」みたいな形で、淡々と終了しました。

管理人
辞めようとした時に、食い下がられたという話は聞きますが、すんなり終わったんですね。

連絡したのが事務の人だったからでしょうね。事務の人には成績とか関係ないですし、まさに事務的に終了処理をしたって感じでした。

でも、僕の友達はエージェントの担当者に断りの連絡を入れた時に、凄くマイナスなことを言われまくったと言ってましたよ。

管理人
どんな風に言われたか聞いてます?

『頼むからこの会社に入ってくれ。今のご時世、こんな良いチャンス逃したら、もう決まんないかもよ』みたいに。そんな頼み込まれてもね……
もちろん、全員がこんな粘着質なエージェントではないと思いますけどね。

さっきも話しましたが、『何の為に働くのか?』これをしっかり意識していれば、向こうの都合で入社する選択なんてできないですよね。

 


 

意外とサクサクと理想の転職先を紹介してもらったYさん。
今回は、転職エージェント担当者との最初の面談・やり取りをメインに聞かせてもらいました。

次回は、面接対策や求人会社への面接はどうだったかを詳しく聞いてみたいと思います。

しかし、転職エージェントに断りを入れ時に事務に連絡を入れたYさんのやり方は便利ですね。面倒くさいことを避けたいのであれば、エージェント会社の事務に連絡を入れるのは、良い方法なのかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 転職サイトを使っていたら転職エージェントからスカウトがきた!?
  2. IT系エンジニアに特化した転職エージェントのオススメは?
  3. 転職エージェント担当者との面接対策から面接本番へ!

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP