体験談:Yさんの製造業・生産管理

転職サイトを使っていたら転職エージェントからスカウトがきた!?

転職エージェント体験談・技術系・製造管理へ

製造業の生産管理に転職成功したYさん今回は、転職エージェントを実際に利用した方(Yさん:男性:31歳)に、使うことになった過程や使ってみた感想、満足・不満足だったことなどをインタビューをしてきましたので、数回に渡って紹介したいと思います。

僕がこの利用者の話で個人的に一番驚いたのは、「転職サイトを使っていたら、転職エージェントからスカウトメールがきて、転職を成功させた」という流れでした。

実際に使った方からのリアルな感想は重要ですので、いま、転職エージェントを使うか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職前はどんな職種でしたか?

製造業の営業職で入社しましたが、やっていたのは生産管理に携わることが多かったですね。

転職した現在は、どんな仕事をしていますか?

工場の生産管理の仕事をすることになっています。
お客様の注文・受注から、希望の納期に間に合うように工程を管理・調整していことが主な仕事になります。
といっても、今はまだ研修期間ということで、モノづくりや工場の機械を触ったりもしています。

まずは、工場での仕事の流れを覚えるためだそうです。

なぜ、前職を退職したのですか?退職した理由、きっかけは?

経営者との人間関係の悪化が原因でした。
給料とかはそんな不満はなかったんですけど、会社のトップと関係が悪くなり、モチベーションが保てなくなったので辞めることになりました。

周囲から引き留めとかもあったんですが、一度「辞める」と口にしてしまうと、もう引き返せない

転職する際に、使ったサービスは何がありますか?

ハローワークも使いましたが…離職届や失業手当の為に「行かなければいけなかった」ので利用した程度です。転職活動のメインに使う気はなかったですね。
あの暗い感じの雰囲気が苦手でしたね。

なので、メインはリクナビNEXTやマイナビ転職などの転職サイトを使っていました。

それらの大手転職サイトを通して、転職はしなかったのですか?

これら大手転職サイト、求人会社の数は非常に多くて良いのですが…
有名な会社の求人が多く、僕が働きたい地元・北陸の会社があまりありませんでした。あったとしても業種が違う、職種が違うなど選択肢も少なかったです。

なんとか働きたい職種の会社があったとしても、僕と同じように地元で働きたい人が多くいたせいか、ライバルが多く、その会社には就職できませんでした

大手転職サイトでは地方での選択の幅が非常に狭まく、会社が見つからず、本当にどうしよう……と途方に暮くれていました。

大手転職サイトで会社が見つからない状況はどのように解決したのですか?

リクナビNEXTを使っていたら、そのメールボックスにメールが来ていたのです。
それが転職エージェントからのメールでした。

最初は凄く、怪しいメールがきた…と思いましたが、転職先が見つからず困っていたので、エージェントに会うことにしました。話してみて、ダメなら断ればいいですからね。

そう思って、実際に会って話してみると、僕が転職サイトで見たことがない企業・会社がポンポン紹介されました。
これには本当に驚きました。

今回のエージェントの人に会う前に、その転職エージェント会社のことや転職エージェントの仕組みについて調べていたのですが、『転職エージェントが独自の案件(求人会社)を持っている』というのが本当だとわかりました。

エージェントにしか求人を出してない会社って多いんですね。

実際、転職エージェントと話してみて、どうでした?

転職『エージェント』…という響きのせいか、年収1,000万円とかのハイ・ステータスの人達が、キャリアアップに使うものだと思い込んでいましたから、僕にエージェントの人が連絡を取ってきたことにびっくりしました。

エージェント担当者との会話の中で、転職エージェントは、ハイ・ステータスの人に限らず、多くの人に使って欲しいと言っていました。

実際、この転職エージェントでよくある転職のパターンが、『都会でSE→地方でSE』だそうです。
詳しく言うと、東京とかで終電逃すくらいにバリバリ働くSE(システムエンジニア)の人。年収800万くらいあるけど、クタクタに疲れる毎日。
疲れてもう嫌だ。それなら、今は地方でもSEの仕事がいくらでもあるから、年収450万くらいになるけど、地方でのんびり仕事をしたい。
このような方の転職のお手伝いをする事が多いそうです。

他にも、ある会社の部長が60歳で定年になったら、どこか別の会社の部長に鞍替えさせてあげるなどクラスの高い人の転職もやってるとか。

キャリア的に高いものから、第二新卒、既卒まで、幅広い世代の転職のお手伝いをするのが、転職エージェントなんだと知りました。
まぁ、中には若い人限定のエージェントもあるとは言っていましたが。

 


 

このように転職サイト大手のリクナビNEXTから転職活動をスタートしたYさん。自力での転職活動に限界を感じていた時、届いたスカウトメールが転職エージェントの出会いでした。
リクナビNEXTと提携している『転職エージェント』からメールが来ることがあるのには驚きです。

次回は転職エージェントとどんなやり取りをして来たのか、紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. IT系エンジニアに特化した転職エージェントのオススメは?
  2. 転職エージェント担当者との面接対策から面接本番へ!
  3. 転職エージェントの【面談の流れ】や【面談内容】を質問してみました…

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP