体験談:Yさんの製造業・生産管理

IT系エンジニアに特化した転職エージェントのオススメは?

「IT業界の転職」という言葉にドキッとした人へ。

会社の基幹システムの構築を行う「エンジニア」や、ゲームアプリの「クリエイター」へ転職したいと考えている方の中には「自分の技術でなれるのか…まずは相談して、その後に本格的な転職をしたい。」と悩んでいる方がいるかもしれません。

もし、悩んでいるのが好きなら、この先を読み進める必要はないのですが、「失敗なく転職をしたい!」と決意のある方は、転職エージェントの利用が人生を変えるきっかけになるかもしれません。

っと、格好いいことを言いましたが、いつもインタビューをさせてもらっている人材コーディーネーターのMさんの言葉です。

前回、Mさんに、転職エージェントには「大手総合型」と「中小業界特化型」があると教えてもらいましたが、今回は「中小業界特化型」から『IT業界』に特化した転職エージェントの特徴を聞いてきましたので紹介します。

IT系に特化した転職エージェントを使う時に気をつけること

管理人

今回はIT系転職エージェントの話ですね。僕は前、SEとして働いていたので、このIT業界の転職は楽しみにしてました♪

IT業界は成長市場ですからね。ネットで調べてみると20社以上の転職エージェントが見つかります。沢山ありますが、中には悪質な会社もあり、「いいアドバイスはもらえないし、思っていたサービスが受けれない!」と悩み相談を受けたこともあります。

管理人

急成長した業界なので、変な会社とか多そうですからね。

なので、IT系転職エージェントの知人から教えてもらった「オススメできるIT人材の転職に強い転職エージェント」を紹介します。

管理人

IT系転職エージェントの選び方で知っておくべき特徴とかありますか?

そうですね…
IT系と言っても「エンジニア系」「クリエイター系」、それと「コンサル・マーケティング系」の3タイプの内容があるので、その違いに注意してのエージェント選びは必要ですね。

今回オススメできる会社5+2社をまとめた表が下になります。

   エンジニア クリエイター コンサル・
マーケティング
ワークポート
レバテックキャリア
DODAITエンジニア
マイナビエージェント×IT
マイナビクリエイター 

番外編

   エンジニア クリエイター コンサル・
マーケティング
リクルートエージェント 
パソナキャリア

このよう転職エージェントによって扱う職種に差があるので、注意しましょう。
転職エージェントの賢い選び方でも解説しましたが、ここから2社以上は登録するようにしましょう。(詳しくは「転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」」をご覧ください。)

管理人

「大手総合転職エージェント」のリクルートエージェントやパソナキャリアもありますが?

リクルートエージェントもパソナキャリアもIT特化型ではないのですが、それでもIT系企業の求人数が多いことや独占求人が多数あるので、登録検討もあり!という意味で表示してあります。

管理人

マイナビとDODAは有名ですが、他の会社はどんな感じですか?

では、それぞれの会社の簡単な概要をお伝えします。

ワークポート:ITで転職ならまずココ

IT業界特化で築いた信用が最も高い会社の1つ、それが『ワークポート』です。
今すぐ転職したい人にも、現在迷い中で相談に乗ってほしい人にも頼りになる会社です。

なぜなら10年以上前からの実績があり企業の採用担当者とのパイプがありますし、ワークポートで働く転職コンシェルジュ(キャリアコンサルをこのように呼んでいる)は業界経験者が担当しています。

元システムエンジニアやプログラマー、ゲームクリエイターの方が、仕事内容の相談やアドバイスを自身の経験を元に答えてくれるので評判です。

情報量も豊富で、求人職種も多岐にわたり、それぞれ経験した担当者がつくので質の高いサービスが期待できます。

レバテックキャリア

技術開発の請負からスタートした、IT系転職エージェントとして急成長をしているレバテックキャリア。請負としての経験から、ITエンジニアの気持ちを理解しており、キャリアコンサルタントとの面談はじっくり2時間近くしたりすることも。

「もっと技術を磨きたい」「もっと上流の過程で働きたい」というスキル・キャリアアップを考える人。
「転職が初めて」「学校で勉強したけど業務は未経験」な自信がない人。
どちらも対応できるのもじっくり面談できるからこそ。

企業ごとの転職成功・失敗のデータを綿密に集めているので、面接対策・相談も安心できます。
関東圏に強い会社なので、1都3県でIT系転職を考えるエンジニアの方には必須でしょう。

DODA ITエンジニア

リクルートに次ぐ転職エージェントの『DODA』。そのITエンジニアに特化した会社です。
企業の求人数も質も高く、GMOインターネットやディー・エヌ・エーなどのIT系一流大手企業もあります。大手で活躍したいにオススメ。

SEの求人で特に人気の高い「社内SE」や「高級高待遇」の案件が公開・非公開ともに多く、積極的に活用したい転職エージェントです。

DODAが運営する転職サイト・転職エージェントのデータベースが同期しており(リクルートでは実はできていない)、幅広い求人数を抱えていながら、希望に合った最適な求人紹介を受けれるのが、実は強みです。

ハイキャリアを目指すための、先まで見据えたキャリア形成を考えての転職を相談すると良いです。

マイナビエージェント×IT

リクルートと並ぶ知名度のマイナビが運営する、IT系の中でもエンジニアの求人案件を集めた特化型エージェントです。

大手ならではの提携パートナーの多さが魅力。リクルートより中小企業の数が多いので、大手企業以外への転職も視野に入れているエンジニアやマーケティングを考えている方は、活用できます。

エージェント担当者のサポートも良く、模擬面接では話す内容はもちろん、スピード・トーンまで細部にわたって助言してくれます。高い面接の通過率が質の高さを物語っています。

東京・神奈川・埼玉・千葉など首都圏を中心に、全国の大手企業から中小・ベンチャー企業の優良企業の案件も多数抱えるので、エンジニアの転職の方は、登録を検討する価値ありです。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターも上で紹介したマイナビエージェント×ITと同じ概要です。
取り扱うのが、クリエイター系の案件に特化しています。

スマホアプリ業界やゲーム会社で働きたい方、中小企業での転職も考えている方は、登録をオススメです。

番外編:リクルートエージェント

業界特化型ではなく大手総合の広い業種を扱うリクルートエージェントですが、検索条件でSE/ITエンジニアで探すと「35,000以上」見つかります。多くの転職者成功者を出してきた質の高いサポートをうまく使えば、IT業界特化型に負けない働きをしてくれます。

ITの専門知識が浅い担当者でも、IT業界特化型の転職エージェントで業界の詳しい情報を聞くことで、補っていければ、業界屈指の求人数を有効に活用できます。

ぜひ、特化型との併用での利用を検討してみてください。

番外編:パソナキャリア

他社エージェントとちょっと違った求人を探すならパソナキャリアに登録するのも面白いかもしれません。

派遣ビジネスをしていた事もあって、他にはない独自の求人があることがあります。「独占求人」とも呼ばれ、パソナキャリアだけが扱っている案件です。

「色々登録してきたけど、イマイチ良い会社が見つからない…」と悩んでいる方には登録する価値があるかも??

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 転職エージェントの【面談の流れ】や【面談内容】を質問してみました…
  2. 転職エージェント担当者との面接対策から面接本番へ!
  3. 転職サイトを使っていたら転職エージェントからスカウトがきた!?

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP