退職金・税金・失業保険

失業保険の受給資格

退職して気になることといえばやはりお金のことではないでしょうか?しばらく職がなくなるのですから、どんな理由で辞めたであれ、お金のことが心配になります。そんな時に次の職までを助けてくれるのが失業保険。

現在、まともな職業なら大抵雇用保険が適用されている事業所だと言えるでしょう。

雇用保険適用事業所で週20時間以上・31日以上の勤務実績と、一年以上の雇用保険加入期間があれば原則的に誰でも受け取れる保険金になっています。会社の倒産などで失職された場合、雇用保険加入歴は半分の六ヶ月で受給できます。

ただし失業保険(雇用保険)を受けるに当たって、いくつかの注意事項があります。まずはじめに「雇用保険は働きたいのに働けない人がやむなくもらうもの」であるということを理解しなければいけません。

例えば、しばらく無職を満喫する間遊べるお金だとか、雇用保険をもらっているから何もしなくていいと思ってしまうと、うっかり次回受給までに必要な手続きを忘れて受給資格がなくなってしまうこともありえます。

次回受給までに必要な手続きには就職活動が含まれます。
ハローワークで募集されている求人に何回以上応募しなければならない、ハローワークなどで行われている職業訓練やセミナーなどに出席しなければならないといった、体や心を病んでいる方には少し厳しい条件があります。

障碍者の方の場合には、障碍者枠で募集がかけられている求人もありますし、どのような仕事なら働けるか試してみられる職業訓練・セミナーなども行われています。

ただ、条件が合っていて今すぐ来て欲しいというお仕事があっても働けない状態だと認定されてしまうと、働ける状態になるまで受給期間が繰り延べになってしまいます。

心配な方はどんなお仕事なら働けるかを医師と相談し、ハローワークに向けた意見書と診断書をもらいましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. アルバイト・パートの失業保険・退職金
  2. 失業保険の相場
  3. 退職金にかかる税金
  4. 退職金の相場

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP