退職金・税金・失業保険

退職金の相場

退職を考えている方が気になるポイントとして、退職金の相場があげられるでしょう。退職金は会社が独自に定めているもので、就業規則に記載がない場合は退職金そのものが存在しないこともありえます

毎年、厚生労働省・総務省から退職給付金(退職金)の平均額が発表されていますから、勤続年数や月給・年収の水準をあわせて見比べ、よほど少ないようならば申し立てをすることも可能です。

申し立てをする際、勤続年数・所属部署・学歴・勤続中の平均月収などによって数字が変わってきますから、できれば詳しい弁護士の方や司法書士の方に間に入ってもらうのが妥当です。

退職金には所得税・住民税が課税され、そのぶん減額された額で支払われるのが一般的です。給与所得に比べて控除額が大きくなりますから減額されなかった場合は、そのまま受け取れる方が多いですが、いざというときのためにできるだけ残しておくのをオススメします。

会社都合での退職では退職金が高額になる傾向があり、被雇用者の都合による退職では安くなる場合が多いですね。

会社都合での退職といえば、残業が労働基準法で定められた時間を大幅にオーバーしていたり、会社の移転で通勤できなくなったりという事例があります。

近頃は賞与(ボーナス)も出せないという会社が増え、退職金も廃止されがちになっています。就業規則が改定される時は事前に労働組合や従業員に通達されますから、退職を考えられている方はチェックしておく必要があります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 失業保険の受給資格
  2. 退職金にかかる税金
  3. アルバイト・パートの失業保険・退職金
  4. 失業保険の相場

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP