退職金・税金・失業保険

退職金にかかる税金

今まで勤めていた会社を辞めるということは、その会社で代わりにやっていてもらった税金などの手続きも自分でしなければならなくなるということです。退職金にかかる税金は所得税と住民税です。

多くの場合、退職金の支払い時に会社側が差し引いて変わりに収めてくれますから、よほどズボラな会社でない限りは手続きなども必要ありません。

ただし、退職時に「退職所得申請書」という書類を提出しなかった場合は退職金が丸々もらえる反面、退職日の翌年に確定申告をする必要があります。

退職金から引いてもらう場合も、自分で確定申告をする場合も、所得税・住民税の控除額について調べておきましょう。

勤続年数ともらった額によって変わってくるので少し難しく思えますが、収めすぎや収めそびれがあるとまた後で面倒な手続き追徴金などの心配があるからです。

退職金は今まで勤めてきた仕事で受け取った収入がどれだけ多くても、退職金自体の額で税金の計算が行われます。

分離課税方式といって、例えば副業で生活できる程度の収入がある方の場合も退職金は全く別の計算になります。

勤続年数が「20年以下の場合」と「21年以上の場合」で税率の計算式が変わってきますから、確定申告が必要な場合は市役所の税金相談などを賢く利用して、かかる分だけを収めるのが正解だと思います。

退職金にかかる所得税と住民税の計算式は同じですが、住民税のほうは年度締めがあるため、1月から5月の退職の場合は5月までの分が合算されて退職金から引かれることになります。

6月から12月の間に退職された場合はその月の住民税がお給料から支払われ、以降の分は各市町村から送付される「納付書」で支払うことになります。

税金の話はとにかくややこしく感じますが、退職後すぐに別の会社へ入られる場合は「源泉徴収票」を提出すると今までのお給料や退職金にかけられた税金の情報が引き継げるので簡単です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. アルバイト・パートの失業保険・退職金
  2. 失業保険の相場
  3. 退職金の相場
  4. 失業保険の受給資格

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP