転職ブログ

転職エージェントに複数登録して掛け持ちすることは必要か?

このページを読んでいる方は、「転職エージェントに複数登録したほうがいいのか?と悩んでいる方と思います。

その疑問の解消に1つの考えとして、今回は友人の人材コーディネーターM(*1)が話してくれた「アパートの選ぶ時」の話をしたいと思います。

「えっ?転職エージェントの話を見にきたんだけど?」と思う方もおられると思いますが、騙されたと思って少し読み進めてください。

*1:当サイトの監修をしてくれている人材コーディネーターの友人

アパート選び、あなたは何件見て回りますか

あなたは今、アパートを探し始めようしています。賃料が安く、便利な施設が近くにあって、職場も近いというアパートに引越しを検討していとします。まずネットや不動産屋で条件にあう物件を探して、実際のアパートを見学しますよね。

この後、どうします?その最初の1件目で決めてしまいますか?きっと違うはずです。他の条件に合うアパートを何件も見学しているでしょう。

何件もアパートを見学する理由は、部屋同士を比較するためです。比較は1つではできません。1件目を基準に、2件目はここが良かった・悪かった、3件目はここが…と比較していき、その中で一番条件に合ったアパートと契約をするはずです。多くの人は、このように部屋を決めているものだと思います。

アパートの話を転職時の職場選びに変換すると見えてくるもの

では、今の【アパート選び】の事例を【転職の仕事・職場選び】としたらどうですか?

多くの人は、給料が高い・仕事内容・勤務時間など、好みの条件の会社で、正社員として長く働きたいとお考えのはずです。人生を左右しかねない会社選びです。アパートと同様、もしくはそれ以上に慎重になってもイイほどの大事な選択です。

なのに、キャリアコンサルMが受ける質問の多くに、「転職エージェントには複数登録した方がイイんですか?」があるそうです。当然、彼の答えは「必ず複数のエージェントに登録して、じっくりと『質』を比較してください」と言っているそうです。

複数の転職エージェントに登録すると見えてくる担当者の『質』

アパートの話を読んでいればわかると思いますが、複数の会社に登録して比較をするべきです。
「え?比較なんてネット上で転職エージェントのサイトを見れば、特徴や求人数の比較できるでしょ?」

そのように思う方もいるでしょうが、キャリアコンサルMが言っている比較は、転職エージェントの会社そのものではありません。転職エージェントの担当者の質のことです。

どの会社もそうですが、仕事がバリバリできる優秀な人もいれば、そうでない人もいます。あなたがとある転職エージェント会社に登録した時に担当となるのが

  • Aさん:この道20年のベテランで今まで多くの人を大手企業に転職させてきた
  • Bさん:最近、ようやく研修が終わり、何をするにも手際が悪い。実績ゼロ。

どちらがいいですか?やはりAさんに担当してもらい、色々相談にのってもらいイイ会社を紹介してもらいたいですよね。このようにいくら評判の転職エージェント会社に登録しても、担当者がBさんのような場合もあります。

この事態を防ぐためにも、面倒かもしれませんが転職エージェントを何社も掛け持ちして、各会社の担当者を比較することが重要なのです。

  • 面談時に話してくる内容がどれだけ業界に精通しているか?
  • 紹介してくれる会社はどんな会社か?
  • その会社がなぜあなたにピッタリなのか?

などを提供してくれる情報を比較することで、ある程度の担当者の能力をはかっていき、メインに使う転職エージェントを絞っていきましょう。

僕の経験ですが、5社ほど登録して、最低1回は面談。その中からメインで使う転職エージェントを1つ、サブで使うの2つのようにしました。

担当者の質が低いとどうなってしまうのか?

もちろん、複数登録ということは、それだけ担当者との面談が増えて、面倒だと思われるかもしれません。ですが、運任せで決まった担当者が能力の低い人で、その人に全てを委ねるとどうなるでしょうか?

担当者のどんな能力が低いかによりますが、経験の浅い方であれば、

  • あなたの要望に合う業界の知識が少なく、適切な会社を紹介をできず転職後に不満が発生。
  • 各会社(この場合、転職先となる会社)へのパイプがなく内部情報が少ない。その為、具体的なアドバイスができず、書類選考の通過率が悪かったり、面接時にの対応に困る。

一概には言えませんが「うまく転職できない」、「転職できても求人内容と違うことが多く、早くに退職」のような転職失敗の原因は担当者のせいかもしれません。
(もちろん、本人の能力の可能性もあります)

転職活動は、あなたの一生にかかわる転職ですから、妥協することなく複数登録した中から最良の会社・最良の担当者を選び、あなたの理想の会社への転職を助けてもらいましょう!

まとめ

  • アパート選びで複数件の部屋を見て比較するように、転職エージェントでも複数登録しよう。
  • 登録後、比較するのは担当になった人の質。
  • 面倒でも、今後の人生を左右する。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 技術者で転職を考える人が幸せになれる【3つの提案】
  2. 転職エージェントを複数から評価して、他は放置
  3. キャリアコンサルタントと話した結果、「いずれ転職したと思う人」が…
  4. 仕事が忙しくて転職の面接ができずにいる人達はどうしてるのか人材コ…
  5. 転職エージェントが語る、転職が必要な人の特徴と、その人が幸せな転…
  6. 複数のエージェントを使うことの可能性
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー 技術職・製造業の転職するため役立つセミナーを聞いてきたのでシェア…
  8. 技術系転職のメイテックネクスト 技術者の転職に特化した『メイテックネクスト』ってどんな会社?質問…

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP