転職ブログ

技術者の転職に特化した『メイテックネクスト』ってどんな会社?質問してみました!

今回は技術系エンジニアに特化した転職エージェントである【メイテックネクスト】に勤めるキャリアコンサルタントの話が聞ける機会があったので行ってきました。(話の内容に興味のある方はこちらに書いてあります)

技術系転職のメイテックネクスト

ホームページを軽く見た感じだと、メイテックネクストの強みとは

  • メーカーの技術系分野出身の転職コンサルが、専門知識で技術系エンジニアの転職を支援。
  • 常時8,000件以上の製造業界No.1の求人数を持ち、「非公開求人」が全体の約80%。
  • 求人企業の担当者とパイプがあり、企業の内情を踏まえたアドバイスで高い選考通過率

ということでした。また、この強みに裏付けされた結果が、お客様満足度へ繋がっているようです。
製造業の転職で満足度が高い

ですが、これはホームページを見れば誰もが知ることのでしたので、色々と突っ込んだ質問をしてみたのでご紹介します。

2006年スタートなのに技術系の転職業界No.1 !?

管理人

非常に参考になるお話ありがとうございました!

メイテックネクストは転職エージェントとして2006年からサービスを始めていますが、他の有名サービス(リクルートキャリアやマイナビエージェント)と較べて新しいのに、エンジニアの転職で業界No.1になれたのは何故ですか?

興味を持っていただきありがとうございます。
確かに、私たちのメイテックネクストは比較的若い会社かもしれませんが、エンジニアの転職でNo.1になれたのには、弊社が『メイテック』の戦略子会社だからです。

管理人

メイテックネクストではなく「メイテック」

そうです。
メイテックは1974年の創業以来、エンジニア派遣事業の先駆企業として、延べ4,000社を越える製造業の企業に、「人と技術」を提供してきました。今、メイテックから派遣にでている方々は、業界トップ水準の高い派遣時給で、超大手の企業で働いているという実績があります。

メイテックネクストが2006年に立ち上がってわずか10年で、エンジニアの中で知れ渡る存在になっているのも、メイテックでの40数年の取引実績・信頼があるからなんです。

管理人

親会社のメイテックの圧倒的な信頼があるわけですね。

はい。
その信頼があるから、私たちメイテックネクストが「エンジニアに特化した転職支援のビジネスを始めます」と言った時に企業が「じゃあ、求人依頼するよ」となる。超大手を含めメーカーと、この関係があるからこそエンジニアの転職でNo.1になったのです。

大手転職エージェントと比較しても遜色なし!
(ただし、技術系エンジニア分野)

管理人

ホームページを見ると「8,000件以上の求人数」とありましたが、他の総合的に様々な職を扱う大手の転職エージェント会社、リクルートエージェント・マイナビ・DODAなどと比較しても、多いですか?

技術系エンジニア分野に関してですが、これは他の人材紹介会社のホームページを調べ、求人掲載数、求人契約数などと比較しても、メイテックネクストの求人がダントツに多いのは証明できてますね。

また、転職活動中の方々と話をする中で、「他の人材紹介会社と比較しても遜色はない」との声を頂いてますね。

リクルート・マイナビより強い点ってどこだろ?

管理人

ということは、例えば、リクルートやマイナビよりも強みがあると言えるのですか?

うーん、何をもって、強みという客観的な資料というのは難しいのですが…我々も日立とも付き合いがある、リクルートも日立と付き合いがある。

そこで私共が、日立の担当者と会話する場合、

「メイテックネクストさんだと、だいたい分かるよね。この技術、タービンのブレードは、こういう感じなんだよ。これができる人材が欲しいんだよ!」

『あぁ、わかります!金属材料のこういう部分ですね!』
このような、コアでミクロな話を熱くできる営業担当がいるのがメイテックネクストの強みと言えると思いますね。

管理人

その業界、独自の知識・技術に精通した営業担当や転職コンサルがいるのがメイテックネクストなんですね!

そんなマニアックな担当がいるのが、うちなんです(笑)

業界No.1のメイテックネクスト。その会社の規模が……!?

管理人

メイテックネクストは大きな会社なんですか?

リクルートエージェントのように様々な職種を扱う会社と較べたらかなり少ないです。転職コンサルタント20数名、営業に20数名の組織です。ですが、全員が技術職の情報に特化しており、社内もその話ばかりです。

その結果、私たちは日々、どんな求人があって、それはどのような背景で発注されているのかを把握した上で、転職希望の方々に案件を紹介することができています。

ここまで知った上で企業を紹介できているのは非常に大きなポイントです。顧客満足度においても、「そんな細かい事まで聞いてくれるんですね!」という感想をもらいますね。

管理人

わずか40数人でやっているんですね!
技術系だけとは言え業界トップなのでもっと多いのかと。
人数は少ない分、製造業界のコアで濃密な話題が飛び交いそうですね!

まさにそうです!マニアックな会話だらけです。
でも、だからこそ、技術系エンジニアを採用したい日本のメーカーから評価され、2006年の立ち上げから3倍近い成長をしています。

転職エージェントでよく聞く噂「無理やり転職」ってどうなの?

管理人

それだけマニアな方に転職を任せれるなら安心ですね!
でも、やっぱり登録したら転職しないといけないんですか?よくネットの噂で「無理やり転職させられた」みたいな書き込みなんかもありますが。

そんな事をやる人はいない…と思いたいですね。
転職業界で働く人の中にはノルマ達成に目が眩んで、無理な転職をススメる人はいるかもしれません。ですが、そんな事をしても両方に迷惑がかかり、自分たちの首を締めることになるだけです。

管理人

両方というのは?

転職希望者と求人企業ですね。

確かに転職希望者から必要最低限の経歴を聞いて、マッチする企業を紹介して、無理やりにでもドンドン転職させていけば、会社としての利益になります。

でも、転職した方から『やりたいことと全然、違ったじゃないか!』と言われてしまっては評判がドンドン落ちてしまいます。
また、企業側は、その転職者をメイテックネクストを通じて採用しているので、希望する人材と全く違っていれば、『必要な技能を全然持ってないじゃないか!』と、不満が私たちに返ってきますよね。

管理人

早く紹介するために、表面的な経歴を聞くだけでは、ミスマッチが起こりやすいということですね。

そうです。
両方から評判が落ちる、短期的で利益を上げる、『無理やり転職させる』ような求人マッチングは、メイテックネクストとして看板を掲げている以上、絶対したくないのです。

私たちは中長期視点で、転職者が企業でどう働けるか、さらに入社するのを見届けるまで、しっかりサポートさせてもらっています。

相談のみの方もウェルカムなメイテックネクスト

管理人

無理な登録がなさそうですが、じゃあ逆に「相談のみの方」「そこまで強い転職の意志はないけど迷っている方」は、登録してもいいのでしょうか?

例えば、「いま現在、設計をやっている。でも、もっと先進性のあるロボット開発・研究もやりたい。転職すべきか迷っている。」のような迷い中の方がきてもいいのでしょうか?

悩み中の方・相談したいだけの方でも登録してもらっても大丈夫です。
今までに数ヶ月に1回程度の相談のやりとりから、2年後に転職活動をし始めたという方もいましたね。

例のような、「もっと先進性のある仕事に転職するべきか悩んでいる。」と転職に悩んで登録する方も実は結構います

管理人

そうなんですか?ちょっと意外です。

以前あった例ですが、「もっと新しい技術の仕事がしたい」と同じ悩みを持った方が来たことがありましたが、その時は『なんで、今やっている仕事の中に先進性を感じることができないの?』と悩みを掘り下げていきました。

結果、先進性を感じないのは、今やっている仕事の部品が、将来、電気自動車が普及したら、搭載されない、だから『心配で転職』を考えているということでした。

このように転職したい要因を掘り下げ、要因がどこに起因しているかを見つけました。

その結果、
「今やっていることは、ロボット分野の部品ではないけど、超最先端の材料開発をしている。今後の事を考えてなら、今の仕事のままでいいじゃないですか?」
という結論になりました。

上の方でも話しましたが、短絡的に「すぐに転職しましょう!A社がロボット研究・開発があります!」とも言いませんし、真っ向から「ロボット研究なんて無理ですよ!」という対応もしません。

私たちは技術系エンジニアに特化した、そこにしか向いていないので、このような技術系の働き方で悩む方の登録をバッサリ切ってしまってはやっている意味が無い、したくないのです。

管理人

技術系エンジニアの人生設計を一緒に考えているようですね。

私たちは転職エージェントでありつつ、技術者の先輩エンジニアとして人生設計のサポートをしたいと考えています。なので、相談のみの方から転職希望者まで、それこそ技術系が未経験者の方でも、幅広く受け入れています。

管理人

素晴らしく熱いサポートですね!

中には、もちろん、そこまでしてくるのはうざいよという方もいますがね(笑)

管理人

長々と質問に答えてもらってありがとうございました!
最後に、今、利用を迷っている方にメッセージをお願いします。

言いたいことは既にだいぶ言ってしまいましたが…
私たちは、専門分野や学生時代の研究等に基いて、「実はこんな職種・業界にも転職できます」と、ご本人にとっては意外なキャリアプランをご提案できることも多くありますので、ドンドンメイテックネクストに相談しにきてくださいね!


技術系エンジニアの転職ならメイテックネクスト

 


 

管理人

このように転職者の立場に寄った転職支援をしてくれるメイテックネクストでした。文章では伝わりませんが、非常に熱意のこもった話し方でした!非常に熱かったです(笑)
でも、それは仕事に対するプロ意識・熱意の現れだったのでしょう。今まさに技術系の仕事をしていて転職に悩んでいる方は、ぜひ相談してみるといいですよ!

非公開求人には、大手さんはほぼ求人されているとのことでしたので、とりあえず、登録して求人企業を確認して見るだけでも価値があるかもしれませんね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. エージェント社に複数登録する理由 転職エージェントを複数登録しなかった人の転職失敗しかけた体験談を…
  2. 転職エージェントを複数から評価して、他は放置
  3. 転職エージェントが語る、転職が必要な人の特徴と、その人が幸せな転…
  4. 転職エージェントに複数登録して掛け持ちすることは必要か?
  5. 複数のエージェントを使うことの可能性
  6. 技術者で転職を考える人が幸せになれる【3つの提案】
  7. キャリアコンサルタントと話した結果、「いずれ転職したと思う人」が…
  8. 技術系・ものづくり系の転職セミナー 技術職・製造業の転職するため役立つセミナーを聞いてきたのでシェア…

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP