退職代行

退職代行でしっかり交渉をしてくれる弁護士事務所

退職代行業者は交渉できないので注意

①退職代行業者は交渉できない~会社側と契約関連の交渉するのは法律違反

退職代行業者に退職を委託して退職意思を伝えてもらうだけならばなんの問題もありません。
しかしそこで退職代行業者に退職日を会社側と相談させたり有給休暇の使いかたを話し合わせたり未払いの残業代を請求させたりする行為は法律的にはアウトとなります。

これは、弁護士法72条にある非弁という違反に該当します。非弁とは、簡単に言うと、弁護士資格のない者が金銭を貰って法に関連する業務を行うことです。

非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止

第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:弁護士法第72条

今のところ退職代行業サービスを利用して代行業者が非弁行為で罰則を受けたという話は聞きません。
なぜかというと、ほとんどの退職代行業者がが会社側に「依頼者が会社を辞めたいと言っているので依頼者がもう会社に来る意思はありません。」と言うだけで「~と契約でなっているが~してほしい」といった契約に関する法的な交渉を行っていないからです。

即日退職可能と言っている代行業者もありますが、これは本来雇用契約で書かれている14日前までに退職意思を伝える(企業により差がある)といった内容に反しています。それなのにどうして弁護士資格を持たない代行業者が即日退職可能と言えるかというと会社側が即日退職した個人を雇用契約違反で訴える事もありえますが、経費や手間を考えるとメリットが少ないため実際に訴える可能性が低いだけなのです。

そのため、退職代行サービスを利用する際は、有給休暇の細かい話し合いや未払い残業代の請求、退職日の交渉等は行いえないことを知っておきましょう。交渉を一緒にお願いしたい場合は料金が高くても弁護士に依頼する他ないのです。

②退職代行サービスが行う業務は退職意思を伝えることで交渉しない

上記で説明したように、退職代行サービスは契約交渉は行えません。ならば実際には何をしてくれるのでしょうか?
簡単に説明すると、依頼人の意思を会社側に伝えるだけなのです。

流れ的には

依頼人が退職代行業者に依頼

退職代行業者が依頼人の状況を確認

支払い

代行業者が電話で会社側に退職意思を伝える。

退職

 

かなりざっくりになりますがやっていることはこれだけです。

意思を伝えてもらった後に会社側から依頼人に電話等で連絡がきたらどうするの?と思われる人もいると思いまうが、おそらく代行業者からの説明で会社側からの連絡には応答しないように言われるはずですので応答せず会社から連絡が来たことを代行業者に伝えましょう。
会社側の「どうして依頼人がやめるのか?」「退職を辞める気はないのか?」「本人と連絡を取りたい」という質問も依頼者から事前に聞いた情報などを元に全て退行業者が受け答えするため依頼者は基本的には会社側と話すことはありません。

何度も言いますが、退職代行サービスが行うのは意思を伝える代行であって退職に関する交渉をすることではありません。
未払いの給与や残業代があったり有給について細かく調整したい場合や退職日を特定の日にしたいが会社の意思に反する場合など状況が複雑な場合は退職代行サービスではなく弁護士に依頼するのが最善といえます。

③交渉できる人気の退職代行の弁護士事務所

では、ここで有名な退職代行を行っている弁護士事務所を紹介します。
退職代行の実績もあり、口コミや評判も良いので、安心して依頼できます。利用の流れも丁寧に解説してくれますし、会社に退職の電話をかけるまでは無料で話を聞けるので、疑問があるならいろいろ質問してみましょう。

LINEで相談・依頼もできる「汐留パートナーズ法律事務所」

汐留パートナーズ

  • 弁護士による退職代行
  • 法律問題時も超安心
  • 有給や給料未払いも交渉可能(ただし料金はアップ)

LINEでもメールでも電話でも相談・依頼ができ、退職代行の実績も多い、「汐留パートナーズ法律事務所」です。
トラブルが起こった時も全て対応できるので、会社に訴えられたらどうしよう…退職代行で絶対に失敗したくない…という不安を抱えるなら、汐留パートナーズがオススメ。弁護士が行う退職代行では安い54,000円なので、かなり依頼しやすいです。

有給や給料・残業代の未払い問題など交渉も行ってくれますが、受け取った金額の20%が成功報酬として支払うので、民間の退職代行より価格は高めですが、【弁護士事務所が全てやってくれる】という安心・安全度はどこよりも高いです。

会社とのトラブルがありそうなら、汐留パートナーズを利用するのがいいでしょう。

汐留パートナーズ法律事務所【公式HP】

料金 54,000円 + オプション費用
対応時間 24時間対応 電話 10:00~21:00
連絡方法 電話、メール、LINE
支払い 銀行振込、クレジットカード

 

有給サポートで実質無料な「辞めるんです」

退職代行サービス辞めるんです

  • 30,000円でOKな手頃な価格。追加費用もなし。
  • 有給サポートを利用して実質無料。
  • 顧問弁護士が監修のサービス

「辞めるんです」は弁護士事務所ではないですが、LINEでの連絡ができるので使いやすいサービスといえます。価格も弁護士事務所より低く設定されているので、会社とトラブルなく辞められそうなら、依頼するのもありです。また、顧問弁護士がサービス内容を監修しているので、法律関係のトラブルになった時も、若干安心できます。どうしても心配なら上の「汐留パートナーズ法律事務所」の方が確実です。

また、現在、期間限定で50,000円のとこ、30,000円で利用可能なキャンペーン中!いつまで続くかわからないので、お早めに相談をオススメ。

「辞めるんです」はサービスの1つに有給サポートがあり、有給を使って退職できるように取り計らってくれます。多くの方が「退職できるなら…」と有給を諦めますが、辞めるんですで有給休暇で給料をもらいながら退職できるので、利用料金は実質無料と言えます。さらに料金が安くなっていますので、かなりお得に退職できるのでオススメ!
辞めるんです【公式HP】

料金 通常50,000円 期間限定キャンペーン 30,000円
対応時間 24時間対応
連絡方法 電話、メール、LINE
支払い 銀行振込、クレジットカード

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 退職代行SARABA 3万円から使える退職代行SARABAの口コミや評判・料金について…
  2. パート パートでも退職代行を利用したい【できれば安く】
  3. NHKクローズアップ現代の退職代行 NHKニュースで取材された退職代行のEXITとは?
  4. 汐留パートナーズ 弁護士の退職代行サービスは確実に辞めれる?【無料相談してみよう】…
  5. 退職代行 弁護士 退職代行で弁護士に依頼が高評価なのは?【トラブル時の交渉】
  6. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ 退職代行の失敗例はあるのか【まとめ】
  7. 退職代行のEXIT 退職代行EXITの評判や噂を確認
  8. 退職代行の流れを解説 退職代行業者の仕組みとその対応の流れ【無料相談は支払い前まで】

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP