転職ブログ

転職エージェントを複数から評価して、他は放置

転職エージェントの選び方は担当者を見てから

転職エージェントで使う会社を、ホームページなどを見て使う・使わないを決めてしまうと、転職失敗することがあります。
主な原因はエージェント担当者の質・能力に違いがあるのを気づけないことにありますので、今回お話させていただきます。

転職エージェントは面談してから取捨選択しよう

運良く最初に出会った担当者が、業界に対する幅広い知識を持っており、話した感じの相性が良く、利用者(あなた)の事を真面目に考えてくれる人であれば、それでOK。
ですが、逆の人であれば、間違ったアドバイス・悪意のある案件紹介などで転職失敗するでしょう。

人気で評判の高い転職エージェント会社であっても、担当者の質によっては苦労することがあるので、面談を通して担当者を見極めることが大事です。

例えば、
A社に担当者が、「今は機械分野の業界の転職は厳しいですね。」
B・C社の担当者が「今は機械分野の業界は好景気で、転職には最適です。」
このように2つの意見がでれば、A社は怪しい担当者と言えるでしょう。

もし、A社だけに登録している人だったら担当者の比較ができずに、間違った情報で転職活動をすることになってしまいます。

複数社で面談をしてみよう

多くの方は現在の仕事を続けながら、転職活動をしていると思います。そんな状況で、「何社も転職エージェントに面談に行くのは難しい」と考えるかもしれません。

ですが、転職エージェント各社も、普通に働いている人が忙しいのは百も承知しています。在職中の人の為に【平日の夕方・夜、土日】も面談できるように対応しています。

面談は1時間~1時間半ほどで行われるので、
・土曜の午前に1社、午後に2社
・日曜の午前に1社、午後に2社

このようにスケジュールを組めば、1週で6社と面談することも可能です。1週でするのは詰め込み過ぎかもしれませんが、2週に分ければ時間に余裕をもって面談できます。

何社も掛け持ちで面談するのは確かに面倒くさいですが、良い担当者と出会えないです。転職が失敗の要因にもなるかもしれないので、妥協せずに面談を済ませましょう!

面談後に、どのタイミングで取捨選択していくべきか?

上記のように6社の転職エージェントで面談し、そのまま利用(求人会社の紹介 → 応募 → 面接)を続けていくとどうなるでしょうか?結果から言えば、超大変です。
仮に、それぞれのエージェント社から1社ずつ求人会社を紹介されたとします。紹介会社をチェックするくらいなら簡単ですが、その後です。

実際に、求人会社に面接に行くとなれば、エージェント6社の担当者それぞれと連絡を取り、面接の予約が被らないようにスケジュールの調整が必要になります。
転職を効率的に進めるために、転職エージェントを使っているのに、予定調整に苦労してしまっては本末転倒です。

これがエージェント1社に6つの求人会社を紹介されたなら、エージェント担当者が予定を調整してくれます。できる担当者であれば、面接に行く順番や交通経路まで確認しながら最適なスケジュールを組んでくれるので、かなり楽をさせてくれます。

なので、求人会社の紹介を受けたあたりで、メインで使う転職エージェント1社、サブで使うエージェント1~2社、ほどに絞って利用していくのがオススメな利用方法になります。

そんな簡単にエージェントを断っていいものなの?

優しい心をお持ちの方は、「ちょっと利用して断るのは申し訳ない…」と思うかもしれません。
確かに、転職エージェント担当者の成績=給料は、「どれだけ多くの方を転職に導いたか」が関係するので、途中で利用を停止するのは申し訳ない事なのかもしれません。

ですが、友人のキャリアコンサルMが言うには、
「すぐに連絡が取れなくなる人なんていっぱいいるから、いちいち気にしない」
ということです。

なので、断る事をあまり気にしなくても大丈夫です。

ただ、彼がオススメするのは「断るより、放置しておくのが後から便利」と言っていました。

なぜなら、メインやサブで使う転職エージェントの「紹介が思ったより少なかった」、「担当者とケンカして気まずくなった」などの問題が発生した場合、放置してあった転職エージェントを再び使い始める為です。
せっかく面談して、希望まで伝えてあるのでそのまま利用しようということです。

放置するにしても、いきなり音信不通になると、担当者も不愉快でしょうから、
・転職活動を一度、見直したくなったので、また始める時に連絡します。
・転職先を知人から紹介されたので、まずはその話を聞きにいきます。
・一度、自分で転職活動をしてみたいです。

このように伝え、「一度利用を停止しますが、あとで戻ってくる…かも?」のような雰囲気を残しておきます。

転職エージェント同士は、それほど横のつながりは無いそうなので、メイン・サブでしっかり転職活動をして、ダメだった時の保険として、利用しなかった会社を残しておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. エージェント社に複数登録する理由 転職エージェントを複数登録しなかった人の転職失敗しかけた体験談を…
  2. 技術系転職のメイテックネクスト 技術者の転職に特化した『メイテックネクスト』ってどんな会社?質問…
  3. 複数のエージェントを使うことの可能性
  4. 技術者で転職を考える人が幸せになれる【3つの提案】
  5. キャリアコンサルタントと話した結果、「いずれ転職したと思う人」が…
  6. 転職エージェントが語る、転職が必要な人の特徴と、その人が幸せな転…
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー 技術職・製造業の転職するため役立つセミナーを聞いてきたのでシェア…
  8. 仕事が忙しくて転職の面接ができずにいる人達はどうしてるのか人材コ…

おすすめ記事

  1. 退職理由を話す相手(上司・面接官)によって押さえるべきポイントは違う! 退職理由を伝える相手(上司・転職先の面接官)によって違う
  2. 退職理由の作り方~不満を逆転させろ!~ 退職理由を作る際の悩み
  3. 退職理由を作る前の人は必見!転職までの流れをチェック! 転職のための5つのステップ
  4. 会社都合退職にする方法と交渉【その後の転職の為に】 自己都合を会社都合にする方法
  5. 退職理由のホンネ・タテマエランキング 退職理由の本音・建て前ランキング

NHKで特集された退職代行

よく読まれている記事

  1. 退職代行・弁護士にかかる金額
  2. 退職代行の失敗例。原因と対処まとめ
  3. 退職代行どう?
  4. 退職代行は親や転職先にバレる?
  5. 転職エージェントの選び方:3×2の「知っておくべき知識」と「アクションプラン」
  6. 転職をササッと終わらせたい人の為の"転職エージェント【本気】活用方法"
  7. 技術系・ものづくり系の転職セミナー
  8. 退職手続きの書類など
  9. 退職する前の引継ぎの注意点と法律

新着記事

  1. パート
  2. アルバイト
  3. 退職代行SARABA
  4. NHKクローズアップ現代の退職代行
  5. 退職代行のEXIT
  6. 退職代行の流れ
PAGE TOP